このところ毎日暑い!
10月に“暑い!”という言葉を発するなんて思ってもいなかったわ。
なにしろ気温は30℃! 信じられないわー!!
昨日の茶道の同好会では、クーラーガンガン、この時期に単衣を着て
それでも大汗タラタラです。

教えていたり、先生から離れていたりと環境は違えど力量は似たり寄ったり。
素晴らしい先生を迎え、月一回花月をしているのですが
そろそろ他の習い事もしてみたいと、今回は旦座をいたしました。
社中の中でするのと違い、緊張感が半端ないです。
緊張感を持ってするとよく覚えるし、意識が高いので勉強にもなります。

旦座とは
花を入れ、炭点前をし、香を焚き、濃茶と薄茶を主客それぞれが分担し行う。
炭をつぎ、香を聞いているうちに火相が整い、湯が沸いてくる。
濃茶と薄茶と進み、終わる頃には湯相が落ちていく。
よく考えられていると感動する。


「水を運び薪をとり、湯を沸かし茶をたてて、仏に供え、
 人にも施し我も飲み、花をたて香をたき、皆々仏祖の行ひのあとを学ぶなり」


また先日長野先生宅で、
8月に亡くなった菅田宗匠の軸をかけて供茶をさせて頂いたとき
「湯を沸かし茶をたてて、仏に供え、人にも施し我も飲み」を
深く深く身に染み、感じ入ったことを思います。


習い始めが10代だったので、ずいぶん昔に茶名をもらっているのですが、
その時は若かったので手を習得はしても学びが伴わなかった、と
今ならわかる。


「一から習い十を知り、再び返る元のその一」


茶の湯の深淵には未だ程遠いけれど、己の未熟を知りえることで
ますます茶の湯が好きになっていく。
修練の道は長く、学は深く、携わっていてよかったと今思う。


あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ     

【2013/10/12 01:30】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック