毎年しみじみ思うこと。
前の公園の盆踊りが終わると、約束したように秋になる。

昼間はツクツクボーシ、夜は虫の音。
月の輪郭がクッキリしてきて
秋色が見え始めました。
好きな季節の始まりです。



昨日、用事があって料紙の福田先生宅に伺いました。
初めて伺ったとき、
「駅に着いたら電話があると思ってました。」とおっしゃったので
「これから向かいます。」と駅から電話。

歩いて10分の道中、強い日差しに汗をかいて門前に着いたら
しっとりと露が打ってある。

飛び石が濡れ、草木が露に光り、まさに時を量って水をまいた心入れ。
乾きもせず、多すぎもせず、それが玄関まで続いてる。
しばし立ち止まって見入ってしまいました。

前回冬に伺ったときは、白玉椿が茶室の床に入れてありました。
「今日初めて咲きました。」と静かにおっしゃいます。
初咲を惜しげもなく切る心入れ。
薄暗い小間に白い椿が浮き上がって、深く感じ入ったものです。

人を迎える、もてなすということは
こういうことなんだ・・・・

簡単にできると思うことほど、簡単にはできないこと。


あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ    

【2013/08/28 22:44】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |


ちょきたら
心に留めておきたいお話です。


店主の葉摘み
ちょきたらさま
わたしもです。
まだまだ未熟、身についていないと知るいいきっかけとなりました。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
心に留めておきたいお話です。
2013/08/28(Wed) 23:13 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
ちょきたらさま
わたしもです。
まだまだ未熟、身についていないと知るいいきっかけとなりました。
2013/08/28(Wed) 23:40 | URL  | 店主の葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック