茶の湯でよく耳にする名称に「楽」と「仁清」があると思います。

今回は「仁清」のことを・・・  
           椿絵
         (これは仁清写しと称するお稽古茶碗)


「野々村 仁清」
    江戸初期(1647築窯)の京焼の名工といわれています。

丹波・野々村の生まれ、名前は清右衛門。
京都の仁和寺門前に築窯をし、優美な茶陶器を焼いていました。

ここまで書けば、感の良いあなたは気付いたかも・…
  「野々村生まれで和寺で作陶している右衛門さん」
  それで「野々村 仁清」です。

仁清の焼いた物は、仁和寺界隈の地名から「御室焼」「仁和寺焼」といわれています。
当時としては大変珍しいことですが、
自分の造った茶陶器に「仁清」の印を押し、プライドを持って作陶していたようです。
事実、その作品は絵付けも華麗で、ロクロ引きの技術もすばらしいものです。
電動ロクロもない時代に、薄く均一なロクロ仕上げには感動します。

現在「仁清写し」、または単に「仁清」として、新物を売られていますが
「仁清の作風を模した御室焼。または京焼」と理解していただければと思います。

    (おまけ) 初代・2代で「仁清」は途絶えていますが、
          2代目はヘタクソだったようですね。
  
楽しんでいただけました
今後とも応援ポチッ、よろしくお願いいたします。 
FC2 ブログランキング
人気ブログランキング岡野園 FC2ショップのページ

【2007/01/17 18:00】 | 茶碗のこと
トラックバック(0) |

えっ・・・
ひげ
下のお茶碗・・・ほぼ黒?・・・・へぇ~っ!?
最初の印象ではえらい斬新な色使いやなぁと思ってました。

なんやったんや・・・わしの感性・・・。


つなさらだ
こういう絵のものって、正面がはっきりしていてわかり易いから、お薄のときに、よく練習で使っていたなぁ。
最近のお稽古は、濃茶メインだから、しぶーい茶碗ばかりで、ちと寂しいです。。


グリーンホース
茶碗の内側まで、椿が!
いい感じですねっ!



葉摘み
ひげさん
ホントすいません。f(、、  いま穴掘ってますから・・
ひげさんの感性ではなく、技術が不完成でんねん。。。

つなさらださま
こういう茶碗はお薄専用だからね。
そっかー、そのあたりの違いも今度書こうか・・
いつもお題をありがとう。。(宿題てんこ盛り!)アセアセ・・

グリーンホースさままいどっ
ここに載せる写真は、値段や価値に関係なく「店主のお気に入りv」を載せてます。
この茶碗は安いけど、大きさや絵付けの雰囲気がいいので・・・


つなさらだ
茶碗の違いによるテーマかぁー。
楽しみです。


葉摘み
つなさらださま
う・うん。。感覚的なことを言葉にする能力が乏しいため、少し時間をくださいね。
も少し茶碗シリーズ続けます。
一楽二萩三唐津が終わったら・・・


kazumi

個人的には黒いのでそこに「宇宙」があるなんて言われても解らないのでこういうの好みです。雅なお花など「誰が見ても美しい」のが好きです。
以下は脱線コメント
私の父の祖母は丹波の人。だから私のルーツの1/4はそちらです。父は「まむしをつかまえて裂いて肝臓を飲んじゃうすごいばあちゃんだった」と病弱で預けられていた時の話をしてました。昭和初期のお話でした。



葉摘み
kazumi さま
きれいな絵付けのお茶碗は、楽しいですね。
こういう時期のあるものの方が、季節感があって好きなのですが、お客様は無季の方を好まれるのでちょっと寂しい・・

豪傑のおばあちゃまですね~@@ 昔の人はたくましい!
丹波焼という古くからの焼物もあって、良い所のようですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
えっ・・・
下のお茶碗・・・ほぼ黒?・・・・へぇ~っ!?
最初の印象ではえらい斬新な色使いやなぁと思ってました。

なんやったんや・・・わしの感性・・・。
2007/01/17(Wed) 19:22 | URL  | ひげ #-[ 編集]
こういう絵のものって、正面がはっきりしていてわかり易いから、お薄のときに、よく練習で使っていたなぁ。
最近のお稽古は、濃茶メインだから、しぶーい茶碗ばかりで、ちと寂しいです。。
2007/01/17(Wed) 23:29 | URL  | つなさらだ #-[ 編集]
茶碗の内側まで、椿が!
いい感じですねっ!
2007/01/18(Thu) 01:10 | URL  | グリーンホース #-[ 編集]
ひげさん
ホントすいません。f(、、  いま穴掘ってますから・・
ひげさんの感性ではなく、技術が不完成でんねん。。。

つなさらださま
こういう茶碗はお薄専用だからね。
そっかー、そのあたりの違いも今度書こうか・・
いつもお題をありがとう。。(宿題てんこ盛り!)アセアセ・・

グリーンホースさままいどっ
ここに載せる写真は、値段や価値に関係なく「店主のお気に入りv」を載せてます。
この茶碗は安いけど、大きさや絵付けの雰囲気がいいので・・・
2007/01/18(Thu) 17:42 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
茶碗の違いによるテーマかぁー。
楽しみです。
2007/01/18(Thu) 23:13 | URL  | つなさらだ #-[ 編集]
つなさらださま
う・うん。。感覚的なことを言葉にする能力が乏しいため、少し時間をくださいね。
も少し茶碗シリーズ続けます。
一楽二萩三唐津が終わったら・・・
2007/01/19(Fri) 00:15 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]

個人的には黒いのでそこに「宇宙」があるなんて言われても解らないのでこういうの好みです。雅なお花など「誰が見ても美しい」のが好きです。
以下は脱線コメント
私の父の祖母は丹波の人。だから私のルーツの1/4はそちらです。父は「まむしをつかまえて裂いて肝臓を飲んじゃうすごいばあちゃんだった」と病弱で預けられていた時の話をしてました。昭和初期のお話でした。
2007/01/19(Fri) 01:03 | URL  | kazumi #-[ 編集]
kazumi さま
きれいな絵付けのお茶碗は、楽しいですね。
こういう時期のあるものの方が、季節感があって好きなのですが、お客様は無季の方を好まれるのでちょっと寂しい・・

豪傑のおばあちゃまですね~@@ 昔の人はたくましい!
丹波焼という古くからの焼物もあって、良い所のようですね。
2007/01/19(Fri) 18:51 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック