FC2ブログ
茶碗のことを書こうかな・・・と (しばし思案。。)   陶器、磁器・・・ (苦悶。。)

いろいろあってどこから手をつけたら良いかわからないけど・・・

最初はやっぱり「楽茶碗」かな 黒楽茶碗



利休の功績のひとつに「楽茶碗」をプロデュースしたことがあげられます。

織田信長の「本能寺の変」は社会科で習ってご存知ですよね。
あのとき、一緒にたくさんの名品茶道具が消失しています。

名品を集めた大掛かりな茶会を開くことは、権力の誇示でもありました。
成り上がり者の織田信長が、粗暴なだけじゃないぞ!教養だって(付け焼刃だけど・・)と
本能寺で大規模な茶会を計画。

「その名品の茶入を出さないと、城を襲っちゃうぞ!」
「その伝来物の茶碗を出さないと、切腹させちゃうぞ!」
教養ある者とは思えない脅しをかけて茶道具をかき集め、
当代稀なる茶会を開いた翌日、
明智光秀の謀反にあい、本能寺は焼け落ちました。
   (茶会を開くことを信長に進言したのは、千利休と言われています)

おかげで伝来物の名品茶道具は品薄に・・・

高価な伝来物の道具なくして茶会にあらず、という風潮に
違和感を感じていた利休は、
侘び茶に沿う絶好の機会と、大津の瓦職人・長次郎に茶碗を作らせたのでした。

   伝来茶道具と対極にある、焼きの柔らかい茶碗。
   タブーとされていた黒い釉薬。 (豊臣秀吉が忌み嫌った黒一色)
   大振りな井戸形茶碗と違って、手のひらにスッポリ入る小ぶりの椀型(わんがた)。

どれをとっても画期的な様式の茶碗でした。
これを世間に認めさせたのは、利休の抜きん出た“茶道の力量”に他ありません。

利休って商売人だなぁとか、イヤミな親父だなぁとか思うエピソードも多々あるけど・・・
プロデュースする感性は、並外れていたと感銘します

茶碗話も長くなりそう
今後とも応援ポチッ、よろしくお願いいたします。 
FC2 ブログランキング
人気ブログランキング岡野園 FC2ショップのページ

【2007/01/16 01:42】 | 茶碗のこと
トラックバック(0) |


ひげ
葉摘みさん おばんでした。
う~ん と又、いつものように腕組みしてしまいました。
ご飯茶碗も抹茶茶碗の区別もつかぬ野人ですが、なるほどなるほど・・・・。
利休さんてどこの出なんでしょうか・・・・。

ますます興味が湧いてきます・。


つなさらだ
楽茶碗って、扱いが楽だから好きです(おいおい)
手で持っても熱くないしね。。


葉摘み
ひげさん
おばんでやんす。
利休さんは大阪は堺のスゴ腕商人です。
利休スパイ説や忍び説なんかあって、なかなか曲者だったようですよ。
知ってる歴史上の人物とリンクすると、苦手な歴史もおもしろいです

つなさらださま
ナイス・おやじギャグ!(^^v
そうだね。当たりが柔らかいし、飲み口もいいよね。
でもと~っても壊れやすいから茶筅通しはお手柔らかに!



kazumi
葉摘みちゃんのおかげで今度「その時歴史が動いた」なんて見ても興味がわきそうです。
 値段でなくて良いものの価値がわかる人になりたいですね。価値基準は真・善・美で。


yoko
お写真、アップにしたら、きれいですね!
鉛釉の赤(?)に、金と銀の刷毛目が描かれてるのでしょうか(?)焼きの軟らかい楽茶碗を拝見すると、利休の侘茶、にちょっと触れたような気になります^^・・


葉摘み
kazumiさま
歴史の授業って嫌いでした。だって数字と漢字の暗記ばかりでつまらない。。。
茶道を始めてから、先生方の言葉の端切れを集めていったら、風景が見えてきて来ました。
そこに人物を乗せていくと交友図ができ、歴史上の人物がおしゃべりしながらイキイキと動き出したんです!
茶の湯って興味が尽きないなぁ~と思う瞬間(^^d

yokoさま
アップにしたら・・なんじゃこりゃ@@/
がんばってみてくれてありがとう!
きっと中央の黒いモヤッとしたものは私です(・・;
写真がうまく撮れてないのです。。。ほぼ真っ黒な茶碗なんです。ゴメン!(人)


hiromi
黒いもやっとした。。。(笑
今日のお話は茶の湯がわからなくてもおもしろいね!!
たくさんの名品が集まっているコトを知っていながら、光秀は信長を焼き討ちにしちゃったのかな。。。?

写真確認でやっと気付きました(・。・;
葉摘み
hiromi
どうみても、カメラを構える私の影らしい・・・・
あんなヘタクソな写真ならupしなきゃよかったと反省。。
今日にも写真差し替えるからね。

茶会なので警護が手薄だったし、満足感でゴッキゲン♪のときなら気も緩んでるだろうと思ったんじゃないかな。
もしかしたら利休の策略?
そんなことも想像するとおもしろい!



わかば
時々おじゃまさせていただいてます。初心者ですが、お濃茶の時にお茶碗のお作はという問答が出てきますが、その際になんと答えていいのかいつも困惑してしまってます。お稽古なので「当代大樋長左エ門でございます」なんてとんでもないことを言ってますが、他にどのような答え方の例があるか、教えていただけませんか。


店主の葉摘み
わかばさま
ご来訪をありがとうございます。
ご質問を承りました。

お作は?と聞かれたときのことですね。
水屋で箱などを見て、作者を調べられたらその通りに答えますし
事前に先生に伺うのもいいと思います。
自分で知ろうとするということが大事のではないのでしょうか。
そうするとお道具に興味と親しみが増すと思うのです。

でも教場の雰囲気というものもあると思うので、それにならうのもいいと思います。

そんなことでいいでしょうか?


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
葉摘みさん おばんでした。
う~ん と又、いつものように腕組みしてしまいました。
ご飯茶碗も抹茶茶碗の区別もつかぬ野人ですが、なるほどなるほど・・・・。
利休さんてどこの出なんでしょうか・・・・。

ますます興味が湧いてきます・。
2007/01/16(Tue) 19:50 | URL  | ひげ #-[ 編集]
楽茶碗って、扱いが楽だから好きです(おいおい)
手で持っても熱くないしね。。
2007/01/16(Tue) 22:58 | URL  | つなさらだ #-[ 編集]
ひげさん
おばんでやんす。
利休さんは大阪は堺のスゴ腕商人です。
利休スパイ説や忍び説なんかあって、なかなか曲者だったようですよ。
知ってる歴史上の人物とリンクすると、苦手な歴史もおもしろいです

つなさらださま
ナイス・おやじギャグ!(^^v
そうだね。当たりが柔らかいし、飲み口もいいよね。
でもと~っても壊れやすいから茶筅通しはお手柔らかに!
2007/01/17(Wed) 00:37 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
葉摘みちゃんのおかげで今度「その時歴史が動いた」なんて見ても興味がわきそうです。
 値段でなくて良いものの価値がわかる人になりたいですね。価値基準は真・善・美で。
2007/01/17(Wed) 01:12 | URL  | kazumi #-[ 編集]
お写真、アップにしたら、きれいですね!
鉛釉の赤(?)に、金と銀の刷毛目が描かれてるのでしょうか(?)焼きの軟らかい楽茶碗を拝見すると、利休の侘茶、にちょっと触れたような気になります^^・・
2007/01/17(Wed) 14:00 | URL  | yoko #-[ 編集]
kazumiさま
歴史の授業って嫌いでした。だって数字と漢字の暗記ばかりでつまらない。。。
茶道を始めてから、先生方の言葉の端切れを集めていったら、風景が見えてきて来ました。
そこに人物を乗せていくと交友図ができ、歴史上の人物がおしゃべりしながらイキイキと動き出したんです!
茶の湯って興味が尽きないなぁ~と思う瞬間(^^d

yokoさま
アップにしたら・・なんじゃこりゃ@@/
がんばってみてくれてありがとう!
きっと中央の黒いモヤッとしたものは私です(・・;
写真がうまく撮れてないのです。。。ほぼ真っ黒な茶碗なんです。ゴメン!(人)
2007/01/17(Wed) 18:58 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
黒いもやっとした。。。(笑
今日のお話は茶の湯がわからなくてもおもしろいね!!
たくさんの名品が集まっているコトを知っていながら、光秀は信長を焼き討ちにしちゃったのかな。。。?
2007/01/17(Wed) 19:22 | URL  | hiromi #-[ 編集]
写真確認でやっと気付きました(・。・;
hiromi
どうみても、カメラを構える私の影らしい・・・・
あんなヘタクソな写真ならupしなきゃよかったと反省。。
今日にも写真差し替えるからね。

茶会なので警護が手薄だったし、満足感でゴッキゲン♪のときなら気も緩んでるだろうと思ったんじゃないかな。
もしかしたら利休の策略?
そんなことも想像するとおもしろい!
2007/01/18(Thu) 12:09 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
時々おじゃまさせていただいてます。初心者ですが、お濃茶の時にお茶碗のお作はという問答が出てきますが、その際になんと答えていいのかいつも困惑してしまってます。お稽古なので「当代大樋長左エ門でございます」なんてとんでもないことを言ってますが、他にどのような答え方の例があるか、教えていただけませんか。
2014/07/03(Thu) 17:17 | URL  | わかば #-[ 編集]
わかばさま
ご来訪をありがとうございます。
ご質問を承りました。

お作は?と聞かれたときのことですね。
水屋で箱などを見て、作者を調べられたらその通りに答えますし
事前に先生に伺うのもいいと思います。
自分で知ろうとするということが大事のではないのでしょうか。
そうするとお道具に興味と親しみが増すと思うのです。

でも教場の雰囲気というものもあると思うので、それにならうのもいいと思います。

そんなことでいいでしょうか?
2014/07/03(Thu) 20:57 | URL  | 店主の葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック