FC2ブログ
茶杓に用いられる竹のほとんどは「真竹・まだけ」です。
直径が25㎜から30mm位のものを使用します。

真竹をよく見ると、凹んだ部分があります。
枝が出ているところから、樋(凹んだ部分の名称)が上の節まで伸びています。
この部分を茶杓に使用します。

茶杓になる部分を切り取るやり方に、二通りあって出来上がりの姿が違います。
 節から枝葉の出ている部分が付いているもの。 >下の茶杓
        (真竹の上を向くように、櫂先になる方を取ります)
  枝打ちの後があるため、侘びた印象や力強さを感じます。

 付いていないもの。                >上の茶杓
        (櫂先が根元の方を向くように取ります)
  この取り方だと節がきれいに仕上がるため、優雅で端正な印象があります。

20070126173731.jpg
取り方の違いで呼び方も違うのですが、二通りの呼び方をします。

付いているほうを「逆樋・さかひ」。付いていないほうを「本樋・ほんひ」
付いているほうを「順樋・じゅんひ」。付いていないほうを「逆樋・さかひ」
間逆の呼び方ですけれど、どちらも間違いではないのです。


茶道は解釈の違いや、流儀により言い方ややり方の違うことが多々あります。
   自分の習ったことと、たとえ違っていたとしても、世界は広い!
   席中でそれを口に出すことは、タブーです!
このことはすべてに通じることなので、ぜひ心に留め置いてもらいたいと願っています.


茶杓話が長いので、明日は茶碗にしようかな
今後とも応援ポチッ、よろしくお願いいたします。 
FC2 ブログランキング
人気ブログランキング岡野園 FC2ショップのページ

【2007/01/14 23:12】 | 茶杓のこと
トラックバック(0) |

なる~ほど
すずめ
とは言いがたい、理解能力が乏しい(>_<)

でも、どんな違いがあっても、一緒にお茶を楽しむ時間が一番大事なことは分かったぞー


つなさらだ
ここまでマジマジと茶杓を見たことなかったので(拝見も茶入は見所多いけど、茶杓は、とりあえず見たふりくらいしかしてないもので(とほほ))大変勉強になりました。



葉摘み
すずめさま
オー!! そのとおりじゃ!
茶道って心象風景的なところが多分にあるからね。
心地よい空間で、おもてなしの心を汲み取って、美味しくお茶をいただければ・・・それに尽きますのよ。(^^

つなさらださま
今度、茶杓拝見のときは“フムフムなるほど”って見ることが出来ますよ。
とりあえずは名称が着いてるところは見てやってください。茶杓が喜びます。
先生も喜ぶかも・・・v(^^


グリーンホース
なるほど。
「違っていたとしても、世界は広い!」
いい表現で!
それが一番ですね!


竹ってこの辺に植わってないけど。
kazumi
今度真竹見かけたらよーく観察してみます。そういえば節の枝の上はへこんでいた気がしたので確かめたい!!
 名前はややこしいなぁ。葉摘みちゃんよくおぼえられますなぁ。脱帽。


葉摘み
グリーンホースさま
オォー、ありがとう!力を入れて言いたかったのはその部分です。
自分の知識と違っていると受け付けないというのでは、視野が狭くなってしまいます。
物事にこだわらずゆる~い視点でいて欲しいです。

kazumiさま
茶杓の先生は「ほうきの柄や垣根」に良い竹がある。なんて言ってますが、そんなモン最近トンと見かけないじゃないの!(怒
奇跡的に遭遇できたら観察してみてね。

月謝払って習ったし教えもしたから、忘れないのかも・・・(笑

おはよう~(^^)
すずめ
最近忙しそうで・・・・葉摘みちゃんの文字が見れなくて元気かな?と思ってた。

でも、忙しいのは元気の証拠なんだね。うん

コメつけてくれてありがとう~(~_~)


葉摘み
すずめさま
おはようさんどす(^^/
ごめんよぉ~。。ちょっといろいろあってテンション低かったんだ。
すずめっちゃんのブログはみんな明るいから・・・・おこぼれもらいに覗きに入ってたよ。
すずめ復活!心から喜んでます。
心の細やかなすずめっちゃん!気にかけてくれてうれしいです。



寅右衛門
確かにのっぺりとして
凹凸のない茶杓は見たことないですね。
考えて作られたものだったのかぁ~。

名前は覚えられそうにありません(汗)


葉摘み
寅右衛門さま
凹んでいるとスプーン状態になってすくいやすいの。
すごいアイデアだと思いません?
先人の知恵ってトウテイまねできないです。
覚えなくっての記憶の片隅にでも置いといてくださいませな(^^v

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
なる~ほど
とは言いがたい、理解能力が乏しい(>_<)

でも、どんな違いがあっても、一緒にお茶を楽しむ時間が一番大事なことは分かったぞー
2007/01/15(Mon) 21:26 | URL  | すずめ #KLtzAfy.[ 編集]
ここまでマジマジと茶杓を見たことなかったので(拝見も茶入は見所多いけど、茶杓は、とりあえず見たふりくらいしかしてないもので(とほほ))大変勉強になりました。
2007/01/15(Mon) 23:18 | URL  | つなさらだ #-[ 編集]
すずめさま
オー!! そのとおりじゃ!
茶道って心象風景的なところが多分にあるからね。
心地よい空間で、おもてなしの心を汲み取って、美味しくお茶をいただければ・・・それに尽きますのよ。(^^

つなさらださま
今度、茶杓拝見のときは“フムフムなるほど”って見ることが出来ますよ。
とりあえずは名称が着いてるところは見てやってください。茶杓が喜びます。
先生も喜ぶかも・・・v(^^
2007/01/15(Mon) 23:37 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
なるほど。
「違っていたとしても、世界は広い!」
いい表現で!
それが一番ですね!
2007/01/16(Tue) 01:17 | URL  | グリーンホース #-[ 編集]
竹ってこの辺に植わってないけど。
今度真竹見かけたらよーく観察してみます。そういえば節の枝の上はへこんでいた気がしたので確かめたい!!
 名前はややこしいなぁ。葉摘みちゃんよくおぼえられますなぁ。脱帽。
2007/01/16(Tue) 01:39 | URL  | kazumi #-[ 編集]
グリーンホースさま
オォー、ありがとう!力を入れて言いたかったのはその部分です。
自分の知識と違っていると受け付けないというのでは、視野が狭くなってしまいます。
物事にこだわらずゆる~い視点でいて欲しいです。

kazumiさま
茶杓の先生は「ほうきの柄や垣根」に良い竹がある。なんて言ってますが、そんなモン最近トンと見かけないじゃないの!(怒
奇跡的に遭遇できたら観察してみてね。

月謝払って習ったし教えもしたから、忘れないのかも・・・(笑
2007/01/16(Tue) 02:06 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
おはよう~(^^)
最近忙しそうで・・・・葉摘みちゃんの文字が見れなくて元気かな?と思ってた。

でも、忙しいのは元気の証拠なんだね。うん

コメつけてくれてありがとう~(~_~)
2007/01/16(Tue) 07:49 | URL  | すずめ #KLtzAfy.[ 編集]
すずめさま
おはようさんどす(^^/
ごめんよぉ~。。ちょっといろいろあってテンション低かったんだ。
すずめっちゃんのブログはみんな明るいから・・・・おこぼれもらいに覗きに入ってたよ。
すずめ復活!心から喜んでます。
心の細やかなすずめっちゃん!気にかけてくれてうれしいです。
2007/01/16(Tue) 11:41 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
確かにのっぺりとして
凹凸のない茶杓は見たことないですね。
考えて作られたものだったのかぁ~。

名前は覚えられそうにありません(汗)
2007/01/16(Tue) 12:47 | URL  | 寅右衛門 #K6LUbpOs[ 編集]
寅右衛門さま
凹んでいるとスプーン状態になってすくいやすいの。
すごいアイデアだと思いません?
先人の知恵ってトウテイまねできないです。
覚えなくっての記憶の片隅にでも置いといてくださいませな(^^v
2007/01/17(Wed) 00:24 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック