日々をこなすのが精いっぱい。
またもやご無沙汰となってしまいました。


二十二日に自宅の初釜を控え、メニューや道具組に唸ってた十八日。
実際の食材を顔を見て最終決定と、仕事を終えてから出かけました。
帰ってきたら深い咳が出はじめた。
こりゃまずい。。。 

翌日は道具を並べ、当日の道具組を最終決定。 段取りを決める。
仕事をしつつなんだか変。夕方から寒気がする。
悪い予感。。。 

掃除を終えた二十日、案の定熱が出ました。
幸いインフルエンザじゃなかったようで、熱が出切れば下がるばかり。
翌日にはすべての準備を整えられて、
二十二日当日は、無事に初釜を終えることができました。

そんなこんなでお点前がボロボロだった言い訳ができたんですが
まったくもって自己管理がなってませんね。


みなさんが、楽しかったといってくださったのが何よりのお薬。
ノドを癒し、何とかのりきれたのはこれのお蔭かな。
金柑の甘煮 金柑の甘煮
当日のお料理にも添えました。 (作り方は追記に)

もう一回、二十七日にあるので様子は載せられないけど
花は同じことは絶対ないから テーマは「新年を寿ぎ」です
紅白椿に松竹梅。  茶花にしては大げさでです。(笑


    <茶 岡野園>のホームページ
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>
あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング
金柑の甘露煮は、喉風邪にとってもいいですよ。
作り方は
  ① 金柑のへたを取って、縦に切れ目を入れ、30分くらい水につける。
  ② お湯に投入。3分くらい茹でる
  ③ 苦味を取るため水にさらしつつ、切れ目から種を楊枝で穿り出す。
  ④ 金柑ひたひたの水、重量の半分の砂糖、少々のお酢を入れる。
  ⑤ 15分以上30分未満、紙蓋をして弱火で煮て一晩置く。
  ⑥ 翌日も15分くらい弱火で煮る。

この時は、金柑300g、砂糖150g、お酢大匙1杯位で作りました。

柔らかいけど煮崩れてない。でも口に入れるととろける。
そんな感じになれば出来上がり。
蜜もすごくおいしいし、お湯で割れば温まる。
美味しいし、とっても喉にいいですよ。 おためしあれ。

【2013/01/23 23:55】 | ひとり言
トラックバック(0) |


ちょきたら
インフルエンザでなくてよかったですが、
お疲れがかなりたまっていらっしゃるので
しょうね。睡眠と栄養をたっぷりとって
いただきたいです。

 


店主の葉摘み
ちょきたらさま
ご心配をいただき、ありがとうございます。

疲れのせいかなぁ~
こたつ泊が原因じゃないかと。(笑
乾燥していますから、ちょきさんも気をつけてね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
インフルエンザでなくてよかったですが、
お疲れがかなりたまっていらっしゃるので
しょうね。睡眠と栄養をたっぷりとって
いただきたいです。

 
2013/01/26(Sat) 00:33 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
ちょきたらさま
ご心配をいただき、ありがとうございます。

疲れのせいかなぁ~
こたつ泊が原因じゃないかと。(笑
乾燥していますから、ちょきさんも気をつけてね。
2013/01/26(Sat) 13:03 | URL  | 店主の葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック