FC2ブログ
『茶杓は「茶事の要」とか「茶人の茶境を表わす」などと言われております。
   一片の竹箆にすぎない茶杓がなぜ重要なのか、 
   茶道にとってどういう意味を持つものなのか、という茶杓の本質や
   基本構造等を分かりやすくお話しし、実際に一杓削っていただきます。
   明日の茶人を目指し、まずは一杓。』

主催して「茶杓削り講習会」を開催した折の序文です。
講師の先生をお招きして十数回開き、皆さん熱心に削り楽しんでらっしゃいました。

茶杓は誰でも削れます。 
   店主もハマってしまって、駄作をたくさん削りました。

講師の先生は「大前宗貴先生」 ←(興味のお有りになる方はポチッとどうぞ)
主に東京都内で、積極的に講習会を開いておられます。

本も出ています。 茶杓削りの本
        「はじめてつくる茶杓・共筒」池田瓢阿指導 (茶の湯手づくりbook)

やってみたいけど、竹をどうしよう・・・というあなた!

          削りセット
     削るばかりの状態の荒曲げ茶杓(中央)を売っています。
     あと、片刃の小刀があればすぐ始められます


現在は、自分で削った茶杓で茶会を開くものではないそうです。
       (先生に受けた注意点なので、理由はわかりません)
   自作の茶杓は、人にプレゼントするものなのだとか。
   頂いた方はその茶杓を使った席を設け、作者をお招きするのが礼儀だそうな。

葉摘み作の茶杓、欲しいという奇特な方はいますか?
プレゼントしますから、お茶にご招待くださいませ。
出来れは点心付きがイイなぁ・・・

おかげさまで、ただ今ランキング1位です
今後とも応援ポチッ、よろしくお願いいたします。 
FC2 ブログランキング
人気ブログランキング岡野園 FC2ショップのページ

【2007/01/10 18:00】 | 茶杓のこと
トラックバック(0) |


マフィー
自作の茶杓は、自分で使わず人にあげるもの
・・・それはビックリです。
でも、それってなんか素敵ですよね。
なんか粋だなぁ・・・とか思ってしまいました。


つなさらだ
やってみたいが、昔からブキッチョだからなぁ。うーーん。竹を削る前に、自分の手を削ってしまいそう(汗

基本、人の為なんだ。
kazumi
手作りオタクは茶杓も作ってみたい。
でもお茶のたしなみがない。
葉摘みちゃんの茶杓は欲しい。
でもご招待は「うーん」
もうちょっと勉強をしてから何時か・・・
と将来に夢を託しましょう。


グリーンホース
オリジナル茶杓ですね。
上手く削れたら、あげるよりも自分で使いたくなりますね!


おはよう
すずめ
いくつもコメありがとう
深海から浮き上がる時は、自分のはく泡よりもゆっくりと上がることがコツだそうな・・・

物つくりは、気持ち作り。伝えたいあるれる思いはいつの時代も同じだね。
時代が変わってしまったからなんて理由がたくさんあるけど、変わらないものもあるんだ。


yoko
スプーンで入れている私としては、まずは自分の分を作らねば、あまりに道をはずしているようで気が引けます^^確かに小刀で削っていると、しばし没頭して精神統一にもなり、楽しそうです。作る愉しみ・・・測り知れないものがありますね♪


寅右衛門
茶杓って自作できるんですね。
確かになんとかなりそうな気はします。

でも、他の道具と比べても
茶杓の良し悪しはわかりにくいです。。。

またまた、お返事遅れまして・・・
葉摘み
マフィーさま
茶杓の先生から、お手伝いのお礼だと自作」茶杓をいただいたのですが・・・
「まだ呼んでもらえないのか?!」といじめられてます。

つなさらださま
やりましょうよ!集中しますよ。
茶杓のつくり方がわかると、俄然見方が変わります。
講習会のときは先生も「竹は削っても手は削るなー!」と連呼してます(笑

kazumi さま
なまじのお稽古をしている人よりわかってるよ、kazumi ちゃんは!
茶道のお手前って「美味しいお抹茶を差し上げる」ための所作なのよ。
基本は相手のため。自分の見栄のためじゃないのに・・・(ため息)

グリーンホースさま
はい!世界に1つだけに茶杓です。
上手に出来ると、だれかに使ってもらいたくなります。なぜかしら?

すずめさま
ひげさんの教えを守ってるのね。よいこよいこ!(ナゼナゼ)

う~ん・・ここにも鋭い読みのお方が・・・
手作りの道具たちは、語らないけど“作者の気持ち”を録音してるんだ。
こちらの心に再生機能がないと何にも聞こえない。
黙ったまま語り合い、相手の気持ちを汲み取る。

yokoさま
いやいや、なにをおっしゃいますか!外れてなんかいないですよ。
買った道具でなきゃ出来ないと、思い込んでる人が多いから書きました。
店がヒマなとき削ってると、お客様が「茶杓って作れるんですかー!」て驚かれます。

寅右衛門さま
自分で出来るんですよー(笑
男の方にハマる人が多いですね。工作気分?
茶杓の良し悪しは「ちゃんと仕事が出来るかどうか」です。
仕事も出来ないのに値段だけは高い茶杓もある。
人間社会の縮図みたいね(笑










喝!髭の一喝!まだまだ、初の見!初己?
Souki
喝!髭の一喝!まだまだ、初の見!初己?

葉摘みさん、は罪では困りますよ!

自作の茶杓は自分で使うもの。ただそこにはルールがありますね!そのルールが分らない方には、差し上げなさいと言うのです。

何故自作の茶杓で茶事や茶会を披けないか?披いても良いのですよ。ただし、お茶の心を分っているならばという条件付ですが!

すずめさんが、少し分ってきているようですね。惜しいな!いまひとつそのものになりきる。いやー、禅問答のようですね?

まあー、百本も造れば分るかもしれません、己の小ささが・・・。といっている小生は、6000本を越えましたが、未だに難しい。

一杓一楽。一生一楽。一生修行。

ではまた。

酔ってるんでしょ!souki先生。。。
葉摘み
昨日はお疲れ様でした。
乗り過ごさず帰れましたか?

とても楽しくてためになる良い勉強会でした。(私のとっては)
朝顔のくだりなどは、“利休ってイヤミで陰険なおやじ”と思っていたエピソードのひとつだったので、私ひとりが思ってたんじゃなかった!とうれしくなりました。

茶杓の勉強も半端なのにブログに書いて申し訳ございませんでした。
茶杓に興味を持ってもらいたい余りのことゆえ・・・
先生のHPをご紹介したことで、ご勘弁くださいませ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
自作の茶杓は、自分で使わず人にあげるもの
・・・それはビックリです。
でも、それってなんか素敵ですよね。
なんか粋だなぁ・・・とか思ってしまいました。
2007/01/10(Wed) 18:35 | URL  | マフィー #/pdu0RA.[ 編集]
やってみたいが、昔からブキッチョだからなぁ。うーーん。竹を削る前に、自分の手を削ってしまいそう(汗
2007/01/10(Wed) 23:40 | URL  | つなさらだ #-[ 編集]
基本、人の為なんだ。
手作りオタクは茶杓も作ってみたい。
でもお茶のたしなみがない。
葉摘みちゃんの茶杓は欲しい。
でもご招待は「うーん」
もうちょっと勉強をしてから何時か・・・
と将来に夢を託しましょう。
2007/01/11(Thu) 00:34 | URL  | kazumi #-[ 編集]
オリジナル茶杓ですね。
上手く削れたら、あげるよりも自分で使いたくなりますね!
2007/01/11(Thu) 01:15 | URL  | グリーンホース #-[ 編集]
おはよう
いくつもコメありがとう
深海から浮き上がる時は、自分のはく泡よりもゆっくりと上がることがコツだそうな・・・

物つくりは、気持ち作り。伝えたいあるれる思いはいつの時代も同じだね。
時代が変わってしまったからなんて理由がたくさんあるけど、変わらないものもあるんだ。
2007/01/11(Thu) 08:20 | URL  | すずめ #KLtzAfy.[ 編集]
スプーンで入れている私としては、まずは自分の分を作らねば、あまりに道をはずしているようで気が引けます^^確かに小刀で削っていると、しばし没頭して精神統一にもなり、楽しそうです。作る愉しみ・・・測り知れないものがありますね♪
2007/01/11(Thu) 11:43 | URL  | yoko #-[ 編集]
茶杓って自作できるんですね。
確かになんとかなりそうな気はします。

でも、他の道具と比べても
茶杓の良し悪しはわかりにくいです。。。
2007/01/11(Thu) 13:51 | URL  | 寅右衛門 #K6LUbpOs[ 編集]
またまた、お返事遅れまして・・・
マフィーさま
茶杓の先生から、お手伝いのお礼だと自作」茶杓をいただいたのですが・・・
「まだ呼んでもらえないのか?!」といじめられてます。

つなさらださま
やりましょうよ!集中しますよ。
茶杓のつくり方がわかると、俄然見方が変わります。
講習会のときは先生も「竹は削っても手は削るなー!」と連呼してます(笑

kazumi さま
なまじのお稽古をしている人よりわかってるよ、kazumi ちゃんは!
茶道のお手前って「美味しいお抹茶を差し上げる」ための所作なのよ。
基本は相手のため。自分の見栄のためじゃないのに・・・(ため息)

グリーンホースさま
はい!世界に1つだけに茶杓です。
上手に出来ると、だれかに使ってもらいたくなります。なぜかしら?

すずめさま
ひげさんの教えを守ってるのね。よいこよいこ!(ナゼナゼ)

う~ん・・ここにも鋭い読みのお方が・・・
手作りの道具たちは、語らないけど“作者の気持ち”を録音してるんだ。
こちらの心に再生機能がないと何にも聞こえない。
黙ったまま語り合い、相手の気持ちを汲み取る。

yokoさま
いやいや、なにをおっしゃいますか!外れてなんかいないですよ。
買った道具でなきゃ出来ないと、思い込んでる人が多いから書きました。
店がヒマなとき削ってると、お客様が「茶杓って作れるんですかー!」て驚かれます。

寅右衛門さま
自分で出来るんですよー(笑
男の方にハマる人が多いですね。工作気分?
茶杓の良し悪しは「ちゃんと仕事が出来るかどうか」です。
仕事も出来ないのに値段だけは高い茶杓もある。
人間社会の縮図みたいね(笑








2007/01/13(Sat) 18:44 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
喝!髭の一喝!まだまだ、初の見!初己?
喝!髭の一喝!まだまだ、初の見!初己?

葉摘みさん、は罪では困りますよ!

自作の茶杓は自分で使うもの。ただそこにはルールがありますね!そのルールが分らない方には、差し上げなさいと言うのです。

何故自作の茶杓で茶事や茶会を披けないか?披いても良いのですよ。ただし、お茶の心を分っているならばという条件付ですが!

すずめさんが、少し分ってきているようですね。惜しいな!いまひとつそのものになりきる。いやー、禅問答のようですね?

まあー、百本も造れば分るかもしれません、己の小ささが・・・。といっている小生は、6000本を越えましたが、未だに難しい。

一杓一楽。一生一楽。一生修行。

ではまた。
2007/02/05(Mon) 02:39 | URL  | Souki #3xU7EAd6[ 編集]
酔ってるんでしょ!souki先生。。。
昨日はお疲れ様でした。
乗り過ごさず帰れましたか?

とても楽しくてためになる良い勉強会でした。(私のとっては)
朝顔のくだりなどは、“利休ってイヤミで陰険なおやじ”と思っていたエピソードのひとつだったので、私ひとりが思ってたんじゃなかった!とうれしくなりました。

茶杓の勉強も半端なのにブログに書いて申し訳ございませんでした。
茶杓に興味を持ってもらいたい余りのことゆえ・・・
先生のHPをご紹介したことで、ご勘弁くださいませ。
2007/02/05(Mon) 18:29 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック