このところ、マニアックな話しをしていますね。
茶道を習ってない方には、名称などがわかり辛いかも知れません。

乗りかかった船 しばし、お付き合いくださいませ。

利休の作として今に伝わる、一番有名な茶杓と言えば
徳川美術館(名古屋)に所蔵されている「泪の茶杓」でしょう。
毎年、利休忌に当たる2月下旬に公開されます。

切腹前の最後の茶会のために、利休が削った茶杓。
弟子の古田織部に送られ、これを織部は黒漆の筒に入れて位牌代わりに大切にしたそうです。

自らが削っていたことにより、作者の性格や時代背景が色濃く作風に出ていて
茶杓一本が、人間関係や歴史絵巻を雄弁に語ってくれます。

   
席主が茶会のために削っていた茶杓は、極端な言い方をすれば「いさぎよい物」
そう、以前にお話しした茶巾や茶筅に近いものだったと思います。

それが・・・
  『ほう、この度削られた茶杓はすばらしい!拝見させていただけますか?』
  『これは良い出来ですな。この茶会の記念にいただけますでしょうか?』
  『思い出になるよう、銘をつけていただけますか?』
  『筒を作ってきました。サインをもらえますでしょうか?』
  『本当にすばらしい茶杓だ!これは家宝にいたします』
想像するにこんな感じだったのでは・・・

そして付加価値が生まれた。
そしてランクアップしていき、しだいに定型化されていったのでしょう。

   西山松之助著「茶杓百選」(淡交社)と言う本に、
     歴史上の人物が削った茶杓について、詳しく書かれています。
     歴史で習ったあの人が・・・!とイキイキとした人間臭さを出し始めて、
     たいへん興味深く読みました。
     茶杓の見所もよくわかるので、店主おススメ本です

裏千家N先生宅の床飾り 柳飾り

いつも遊びに伺い、裏千家のことをいろいろ教えていただいてます。
お手製初釜懐石も美味しゅうございました。 ありがたいことです。

おかげさまで、いまだにランキング1位におります
今後とも応援ポチッ、よろしくお願いいたします。 
FC2 ブログランキング
人気ブログランキング岡野園 FC2ショップのページ

【2007/01/09 18:00】 | 茶杓のこと
トラックバック(0) |


つなさらだ
茶杓も本がでているんだ。淡交会って、何でも本になっているって、聞いたことあったけど。お菓子の本とか結構好きです(おいおい)。

訂正しました。
葉摘み
本の作者名を間違えたので訂正しました。
このごろ年のせいか記憶違いが多くて・・(ヨボヨボ・・トホホ)
お菓子の本は茶会のために愛読してます。
きれいだし見てて楽しいよね♪


kazumi
「泪」とは泣かせますね。
先日テレビで見ました。秀吉は人間の度量が利休より小さくて「茶席のたびに自分は殺されてきた」思いから切腹を命じたそうですね。
 切腹を伝えに来た使者をねぎらって利休はお茶を勧めたと聞いてこれが茶道の本質かと分かった気がしました。しみじみ「泪」拝見しました。

すばらしい!
葉摘み
kazumiさま
まさに「人に歴史あり・茶杓に歴史あり」だと思いませんか?
削った茶杓には“人となり”が出るそうです。
私の削った茶杓には“A型気質と男らしさ”が出ていると先生に言われました。


hiromi
本当の位牌って、こんなふうに思いのこもったものを言うのかなって、考えながら読みました。
魂がこもっている感じがします。

そうだね。
葉摘み
hiromi
位牌って残されたものの“心のよりどころ”だと思うんだ。
だから対象は、茶杓だってバケツだっていいと思うの。
対象となる実体があれば、思い出したり語りかけたりできる。
残されたものの心の安らぎの為だから。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
茶杓も本がでているんだ。淡交会って、何でも本になっているって、聞いたことあったけど。お菓子の本とか結構好きです(おいおい)。
2007/01/09(Tue) 22:49 | URL  | つなさらだ #-[ 編集]
訂正しました。
本の作者名を間違えたので訂正しました。
このごろ年のせいか記憶違いが多くて・・(ヨボヨボ・・トホホ)
お菓子の本は茶会のために愛読してます。
きれいだし見てて楽しいよね♪
2007/01/09(Tue) 23:26 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
「泪」とは泣かせますね。
先日テレビで見ました。秀吉は人間の度量が利休より小さくて「茶席のたびに自分は殺されてきた」思いから切腹を命じたそうですね。
 切腹を伝えに来た使者をねぎらって利休はお茶を勧めたと聞いてこれが茶道の本質かと分かった気がしました。しみじみ「泪」拝見しました。
2007/01/10(Wed) 00:39 | URL  | kazumi #-[ 編集]
すばらしい!
kazumiさま
まさに「人に歴史あり・茶杓に歴史あり」だと思いませんか?
削った茶杓には“人となり”が出るそうです。
私の削った茶杓には“A型気質と男らしさ”が出ていると先生に言われました。
2007/01/10(Wed) 01:21 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
本当の位牌って、こんなふうに思いのこもったものを言うのかなって、考えながら読みました。
魂がこもっている感じがします。
2007/01/10(Wed) 11:10 | URL  | hiromi #-[ 編集]
そうだね。
hiromi
位牌って残されたものの“心のよりどころ”だと思うんだ。
だから対象は、茶杓だってバケツだっていいと思うの。
対象となる実体があれば、思い出したり語りかけたりできる。
残されたものの心の安らぎの為だから。
2007/01/10(Wed) 17:03 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック