前日の雨に洗われ、清々しい日となりました。
昨日は、今年最初の初釜。

埼玉県桶川市在住の釜師・長野垤志先生宅で行なわれた、
プライベート初釜にお招きいただきました。

炉釜は、長野先生の自作。渦の炉釜
                     「渦の釜」 
      上から覗くと、楕円形をしている大変珍しい釜です。
      肩の景色が渦を表しています。環付(かんつき)は「波頭」。

炭火がよくおきていて、心地よい釜鳴りがします。
やはり仕事をしているときが、釜も艶めいてイキイキしている

新春らしい道具組 道具組
               蓬莱卓 (ほうらいじょく)
      表千家・即中斎のお好み棚です。風炉先の富士とよく似合っています。

その他のお道具も珍しく、お人柄が表れた道具組でした。
   (お詰を任されていたので、中立ちの折に撮れました。)

正客は数寄者、次客は茶杓と茶陶の先生、三客は金工作家、
連客は、長野先生の姉上で袋物師、書道家など豪華メンバー。

どの方も、もう「自分のお茶・数寄」の領域に入っている方ばかりです。
肩の力が抜けた楽しいお茶をなさっていて、この方々とご一緒するごとに
ものすごく「お茶に対する姿勢」の影響を受け続けています。

戯れごとのようなお話の中に、すばらしい言葉が潜んでいて
得る知識は計り知れません。
この場にいることが本当に恵まれたありがたいことだと、心から思っています。
導いていただき、教えを伺い、少しづつ知識を重ね、育てていただいております。

脇床に飾ってあった「張子の亥」 張子のイノシシ
        オチャメな表情が長野先生そっくり!って言ったら怒られるかな

おかげさまで、ただ今ランキング1位です
今後とも応援ポチッ、よろしくお願いいたします。 
FC2 ブログランキング
人気ブログランキング岡野園 FC2ショップのページ

【2007/01/08 17:08】 | お茶会のこと
トラックバック(0) |


ひげ
茶道具のことは、とんとわかりませんが・・・壁の隅に書かれた富士の山・・・隣り合った壁に伸びる裾野の線・・・・どなたがお描きになられたのでしょう・・・。


つなさらだ
棚も素敵だけど、なんていいましたっけ、お手前する場所を囲んでいる襖みたいの、あれの富士山が気になりました。


葉摘み
ひげさま
風炉先屏風のことですね。二つ折りの背の低い屏風です。
長野先生がお付きになっている表千家の宗匠が、ご自宅にお見えになったときに真っ白な屏風に描い頂いたそうです。
茶道は絵を描くように、席中に道具を組み合わせて情緒的な空間を作ります。
それが席主の感性の見せ所。それを感じ取るのが客のたのしみ。
ほとんど禅問答のようでもありますね(笑)

つなさらださま
風炉先屏風ですね。
迷いのない、一気に書き上げた潔い筆使いでした。
太い筆で「へ」を書いただけで、富士山と見て取れる日本人の感性はすごいですよね。
棚の上下の板は亀甲型で「亀」、カーブをした柱は「鶴」を表しています。
それで名前が「蓬莱卓」


kazumi
爆弾低気圧の最中、熱海から西伊豆にドライブ・・。本物の富士山は雪をかぶって神々しくそびえておりました。この絵にはその稜線がちゃんととらえられていますね。


寅右衛門
初釜といえば、
一日かけてお稽古した記憶が。。。

準備をしたりいろいろと
迎える側は大変ですよね。

今日も応援ポチポチ。


葉摘み
kazumiさま
連休にご旅行、いいですね!冬休み最後の連休だし成人式もあったし、混雑だったのでは?
冬の温泉ですか?うらやましいです!
今朝も富士山を眺めながらの出勤です。富士のお山はみんなのもの・・・だね。

寅右衛門さま
そろそろ呪文がききはじめて、「茶道を始めたい!」が発症する頃では・・?
ポチポチッありがとうございます。


yoko
葉摘みさん、こんにちは。
初釜のようすが手に取るようつたわってきました^^わたしもそんな席に一度でいいから同席させてもらいたい!折り返し地点を過ぎてからの年月ではムリですね^^;
とても素敵なお話ありがとうございます。
もちろん応援してます^^1位キープ・・ですね☆

いつも応援ありがとう♪
葉摘み
yokoさま
初釜は長時間座りっぱなしなので、痺れはしないのですが、ひざがまっすぐに伸びなくなります。
ヨボヨボ歩きです。
それ以外は楽しいですよ!ぜんぜん無理じゃないです。(折り返し地点ってどの辺り?)
懐石料理も美味しいし。丁寧に取ったお出しが椀の蓋を開けると・・・・ぷ~~ん。
も~、たまりません!機会があったらお誘いしたいです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
茶道具のことは、とんとわかりませんが・・・壁の隅に書かれた富士の山・・・隣り合った壁に伸びる裾野の線・・・・どなたがお描きになられたのでしょう・・・。
2007/01/08(Mon) 20:24 | URL  | ひげ #-[ 編集]
棚も素敵だけど、なんていいましたっけ、お手前する場所を囲んでいる襖みたいの、あれの富士山が気になりました。
2007/01/08(Mon) 22:28 | URL  | つなさらだ #-[ 編集]
ひげさま
風炉先屏風のことですね。二つ折りの背の低い屏風です。
長野先生がお付きになっている表千家の宗匠が、ご自宅にお見えになったときに真っ白な屏風に描い頂いたそうです。
茶道は絵を描くように、席中に道具を組み合わせて情緒的な空間を作ります。
それが席主の感性の見せ所。それを感じ取るのが客のたのしみ。
ほとんど禅問答のようでもありますね(笑)

つなさらださま
風炉先屏風ですね。
迷いのない、一気に書き上げた潔い筆使いでした。
太い筆で「へ」を書いただけで、富士山と見て取れる日本人の感性はすごいですよね。
棚の上下の板は亀甲型で「亀」、カーブをした柱は「鶴」を表しています。
それで名前が「蓬莱卓」
2007/01/08(Mon) 23:13 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
爆弾低気圧の最中、熱海から西伊豆にドライブ・・。本物の富士山は雪をかぶって神々しくそびえておりました。この絵にはその稜線がちゃんととらえられていますね。
2007/01/09(Tue) 01:03 | URL  | kazumi #-[ 編集]
初釜といえば、
一日かけてお稽古した記憶が。。。

準備をしたりいろいろと
迎える側は大変ですよね。

今日も応援ポチポチ。
2007/01/09(Tue) 13:44 | URL  | 寅右衛門 #K6LUbpOs[ 編集]
kazumiさま
連休にご旅行、いいですね!冬休み最後の連休だし成人式もあったし、混雑だったのでは?
冬の温泉ですか?うらやましいです!
今朝も富士山を眺めながらの出勤です。富士のお山はみんなのもの・・・だね。

寅右衛門さま
そろそろ呪文がききはじめて、「茶道を始めたい!」が発症する頃では・・?
ポチポチッありがとうございます。
2007/01/09(Tue) 14:43 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
葉摘みさん、こんにちは。
初釜のようすが手に取るようつたわってきました^^わたしもそんな席に一度でいいから同席させてもらいたい!折り返し地点を過ぎてからの年月ではムリですね^^;
とても素敵なお話ありがとうございます。
もちろん応援してます^^1位キープ・・ですね☆
2007/01/09(Tue) 15:46 | URL  | yoko #-[ 編集]
いつも応援ありがとう♪
yokoさま
初釜は長時間座りっぱなしなので、痺れはしないのですが、ひざがまっすぐに伸びなくなります。
ヨボヨボ歩きです。
それ以外は楽しいですよ!ぜんぜん無理じゃないです。(折り返し地点ってどの辺り?)
懐石料理も美味しいし。丁寧に取ったお出しが椀の蓋を開けると・・・・ぷ~~ん。
も~、たまりません!機会があったらお誘いしたいです。
2007/01/09(Tue) 23:44 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック