大宮氷川神社でおこなわれた観月雅楽演奏会に行ってきました。
え~・・店は早じまいです。(笑

参道には人影もまばらで、ちょっと不安になるほど。
手を清め山門をくぐると、
薄暗い中に舞殿が浮かび上がっていました。
木陰には十六夜の月が!神楽殿
2012年であり、電気機器に囲まれ暮らしている自分を見失う。

照明がさらに落とされかがり火
御祓いの後にかがり火がたかれます。

人長舞 一幕
にんちょうのまい (天宇受売命が天の岩戸の前で舞ったのが起源とされる) 

浦安の舞 2幕
うらやすのまい (浦安とは心安らかの意味で、平和を祈る心の舞)

迦陵頻 3幕
かりょうびん (迦陵頻は霊山の想像上の鳥。その姿を舞にしたといわれる)

五常楽 4幕
ごじょうらく (五常とは「仁義礼智信」 平安期の近衛武官の装束で舞う)

神社の杜深く包み込まれ、心豊かであった時代に迷い込んでしまった。
 
渡月橋から

    <茶 岡野園>のホームページ
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>
あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

【2012/10/31 20:08】 | ひとり言
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



店主の葉摘み
鍵コメさま
こちらこそご遠方よりありがとうございます。
お言葉、彼女も喜んでいました。感謝!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/02(Fri) 11:37 |   |  #[ 編集]
鍵コメさま
こちらこそご遠方よりありがとうございます。
お言葉、彼女も喜んでいました。感謝!
2012/11/02(Fri) 11:46 | URL  | 店主の葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック