どうにか畳も入れ替えて、風炉の準備が整いました。
気持ちいい~♪
丸畳に変わると、同じ部屋でも気分が一新しますね。

炉畳は陰干しして縁側干し中
半年間の休眠に入りました。
結構畳は重たくて、いつまでこれが出来るやら。

気が付けば、半夏(別名カラスビシャク)がニョッキリ出ていて
あぁ、初夏が始まってます。初夏の花


茶会の案内もいろいろと届き、風炉の楽しみも始まりました。
ご紹介できるものをいくつか。

※ 温習茶会 有楽流正伝会  
  六月三日(日曜日) 氷川の杜文化館(さいたま市)
   濃茶・薄茶・点心  茶券¥4000
 
 珍しい流儀の茶会です。
 薄茶席は時々ありますが、濃茶点前も拝見できるので内容が濃いです。
 茶券はリーズナブルですが、心配りが十分で気持ちが良く楽しめます。

※ 鈍翁茶会 (山形市)
  六月二十三日(土)・二十四日(日)
  濃茶・薄茶・立礼・番茶・点心  ¥7000

 山形で開かれる名品道具が拝見できる上質の茶会です。
 三大茶会といわれていますが、茶券は内容の割りにすごく安いです。
 去年岡野園の茶会でも席を持ってくださった料紙作家で茶道家の
 福田行雄先生が濃茶席をもたれます。

ご希望の方に、茶券をお取りいたします。
五月十五日までに鍵コメかメール、またはお電話にて、
御名前、御住所、電話番号、ご希望の茶会をご連絡下さい。
鈍翁茶会は二日間ですので、必ずご希望の日も明記下さい。
ご用意でき次第お送りいたします。
代金は茶券が届きましたら指定の口座にお振込みいただければ結構です。
取りに来てくださると助かります。


    <茶 岡野園>のホームページ
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>
あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング  

【2012/05/08 22:44】 | お茶会のこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック