今日はまったくの春だなぁ~♪
いつの間にか、ホトケノザやオオイヌノフグリ、ナズナが咲いてます。
ニコニコするほどのどかである。

久しぶりに何もない定休日。
父上の家に隣接する自宅の草むしりに励みます。

仕事があるを言い訳に、毎年雑草屋敷にしてしまう我が庭。
見ない振りができなくなってからの草むしり脱却が今年の目標です。
芽が小さいうちなら抜くのも簡単。 (わかってるんだけどね~)

ドクダミの花はきれいなんだけど、庭で育てる気はない。
地下茎で増えるので、這っている根をズルズルと掘り起こす。
おもしろい。

ノビルのような草も球根から取らないとどんどん増える。
土を柔らかくしてから抜くとザックリとかたまって取れる。
おもしろい。

父上の庭はもう満杯なので
土壌をしっかり改良して、茶花を増やす野望にニンマリ。

腰をトントン叩きながら、一日草むしりで遊んでしまいました。
のどかな良き日和である。眠り犬


    <茶 岡野園>のホームページ
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>
あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング      

【2012/03/29 21:22】 | ひとり言
トラックバック(0) |

ご無沙汰しました
ROKU
ご心配頂き本当に有難うございました。

この間、節分、立春、雛祭り、桜花へと季節は着実に移り、
暦では早や晩春。遡ってブログを拝見。
“天与の自分道、かけがえのない人生道、創造と伝承の人間道”
桜材の茶房テーブル、立派で素敵ですね。ここでお茶を・・至福の時間です。
「茶道教室」始められるのですね。一つの道でも色々な心を伝えられたらいいですね。
昨日・今日と春めいて・・土や草との対話・・のどかです。



店主の葉摘み
ROKUさま
お心痛み、お察しいたします。

この桜材は1年半前に若くして亡くなった紺屋のご主人から、
亡くなる少し前にテーブルにしたらと頂いたものです。
枯らすためにしばらく自宅に置いておきました。

不思議なご縁でその方にお世話になったという家具職人さんに
夢かなってテーブルに仕立てていただきました。
思いやりが巡り巡って・・・想いも繋がって・・・

人の縁というものはこういうものなんだなぁ・・・なんて。

誰しも行くべき路はおのずと決まっているようにも思います。
ROKUさん、ご自愛下さいますよう。


ちょきたら
いつもお世話になっています。
草むしり、今度お声かけくださいね。
仕事が何とかなりそうな日だったら
かけつけますので。


店主の葉摘み
ちょきたらさま
ありがとうございます。
でもねぇ~腰痛持ちにはしんどいわ。
時間が経つにつれ、むしってるより腰を伸ばしてるほうが長くなるのよー(苦笑


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰しました
ご心配頂き本当に有難うございました。

この間、節分、立春、雛祭り、桜花へと季節は着実に移り、
暦では早や晩春。遡ってブログを拝見。
“天与の自分道、かけがえのない人生道、創造と伝承の人間道”
桜材の茶房テーブル、立派で素敵ですね。ここでお茶を・・至福の時間です。
「茶道教室」始められるのですね。一つの道でも色々な心を伝えられたらいいですね。
昨日・今日と春めいて・・土や草との対話・・のどかです。
2012/03/30(Fri) 20:47 | URL  | ROKU #-[ 編集]
ROKUさま
お心痛み、お察しいたします。

この桜材は1年半前に若くして亡くなった紺屋のご主人から、
亡くなる少し前にテーブルにしたらと頂いたものです。
枯らすためにしばらく自宅に置いておきました。

不思議なご縁でその方にお世話になったという家具職人さんに
夢かなってテーブルに仕立てていただきました。
思いやりが巡り巡って・・・想いも繋がって・・・

人の縁というものはこういうものなんだなぁ・・・なんて。

誰しも行くべき路はおのずと決まっているようにも思います。
ROKUさん、ご自愛下さいますよう。
2012/03/30(Fri) 22:12 | URL  | 店主の葉摘み #-[ 編集]
いつもお世話になっています。
草むしり、今度お声かけくださいね。
仕事が何とかなりそうな日だったら
かけつけますので。
2012/03/31(Sat) 19:45 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
ちょきたらさま
ありがとうございます。
でもねぇ~腰痛持ちにはしんどいわ。
時間が経つにつれ、むしってるより腰を伸ばしてるほうが長くなるのよー(苦笑
2012/04/01(Sun) 16:43 | URL  | 店主の葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック