FC2ブログ
名残りの茶事が終わりました。
二回続けると、二回目はコツを掴んで楽になりますね。
疲れ方がだいぶ違います。


初座の軸は内緒。
店主のお宝なので秘密です。

後座は瓢の籠花入れに。
客が進む道すがらに目にしない花を選びました。
桜蓼の葉に色が入り、桜蓼・藤袴・秋明菊
とてもきれいです。 それがご馳走かな。

濃茶の道具組は名残りを意識して。
焼き〆の水指。渋好みなんです

表だと丸灰ですが、あえて風炉は一文字。  
掻き上げ灰に。火がきれいです
灰に懲りだしたお嬢2ががんばりました。


料理もすべて作りました。
煮物椀 美味しくできました
“月に雁”に見えたらうれしいわ。

一汁三菜で、焼物でおしまいとなります。
サワラを丸ごと一匹の大人買いして、西京漬けにしました。

八寸は、秋サバのこぶ締めと焼きマツタケ。
箸洗いはギンナンです。

主菓子は、中津川から取り寄せた栗きんとん。
思いもかけない讃岐からの到来物を、これ幸いとお干菓子に。

茶事は楽しい!
来月も炉開きの茶事が二回です。

あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ

【2011/10/08 22:24】 | お茶事のこと
トラックバック(0) |

惜しむ心 生かす心
ROKU
「白雲に 羽うちかはし 飛ぶ雁の 数さへ見ゆる 秋の夜の月」
煮物椀は頂点。季節と正道料理、考えましたね。
秋サバ、松茸、銀杏・・時季ですね。
瓢もいい。鉄風炉に炭がたくさん、敷瓦にも風情が・・
名残の茶事全体に亭主の深い造詣が感じられます。
お疲れ様でした。天気が良すぎたかな。



ちょきたら
本当に美しい火ですね~
魅入られます。
お嬢さんの灰型、見事です!
この風炉ももっとじっくり拝見したいですね。

 秋の野草たっぷりの風炉先に
秋の香りを感じます。
あ、蓋置は何の形ですか?



みゃあくんのおかあしゃん
素晴らしい名残の茶事を楽しませて
頂きました。
 瓢に入った花が素晴らしい。
 サクラタデ、スッととても
ステキです。

 風炉中もお嬢さんの力作の灰形が
見事で 火が美しく熾きていますね。
 美味しいお茶が点ったことでしょう

 ちょきたらさま同様 蓋置きは何だろう
と思ったことです。
 
 「月に雁」見えます、見えます!

至福のひととき
boumama
専門的なことは分りませんが、葉摘みさんの挿す瓢の籠花入の花たちの素敵なこと。

お嬢さん灰形の見事で目が奪われてしまいました。

お料理も全てお作りになられたそうで感心してしまいましたが、季節の煮物椀も良し、八寸の海のものと山のもののご馳走も全て味わっていただけそうですね。

亭主のお気持ちが客に至福のひとときを与えます。




葉摘み
ROKUさま
この句はROKUさんの句でしょうか?
きれいな句ですね~

お返事遅くなってごめんなさい。
怒涛の日々でした。

本来は10月といったら中置水指ですが、
まだ初旬なので火が近くも暑かろうと、とらわれずセットしました。
苦労の敷き瓦を褒めていただいてうれしいです。
料理も煮物椀一つですが見ていただけ、うれしいご批評です。
干菓子もありがとうございます。茶席で自慢しましたよ。


葉摘み
ちょきたらさま
灰形を褒めていただいたと、お嬢2に言っておきました。
とっても喜んでましたよ。

風炉先はオリジナルで作らせたものです。
道具が地味なもので・・・

蓋置は分銅形で美濃焼きの古いものです。
そこに目がいきましたか・・さすが!


葉摘み
みゃあくんのおかあしゃんさま
瓢の花入れは口が小さいので入れ易く、誰でも上手に入るんです。
今を盛りと咲いている花の力強さでしょうね。
腕ではありませんよ。

蓋置はちょきたらさんのところに書きましたので。

月に雁と見えたんなら成功かな~♪


葉摘み
boumamaさま
灰形を褒められることで、ますます彼女はがんばることでしょう。
若いときは叱って褒めて・・・

料理の得意なboumamaさんに言っていただけると自信になります。
献立には苦労しましたから。
最終的には市場にいって、食材の顔を見てから決めるのが大事ですね。
日々勉強です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
惜しむ心 生かす心
「白雲に 羽うちかはし 飛ぶ雁の 数さへ見ゆる 秋の夜の月」
煮物椀は頂点。季節と正道料理、考えましたね。
秋サバ、松茸、銀杏・・時季ですね。
瓢もいい。鉄風炉に炭がたくさん、敷瓦にも風情が・・
名残の茶事全体に亭主の深い造詣が感じられます。
お疲れ様でした。天気が良すぎたかな。
2011/10/09(Sun) 02:23 | URL  | ROKU #-[ 編集]
本当に美しい火ですね~
魅入られます。
お嬢さんの灰型、見事です!
この風炉ももっとじっくり拝見したいですね。

 秋の野草たっぷりの風炉先に
秋の香りを感じます。
あ、蓋置は何の形ですか?
2011/10/10(Mon) 15:53 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
素晴らしい名残の茶事を楽しませて
頂きました。
 瓢に入った花が素晴らしい。
 サクラタデ、スッととても
ステキです。

 風炉中もお嬢さんの力作の灰形が
見事で 火が美しく熾きていますね。
 美味しいお茶が点ったことでしょう

 ちょきたらさま同様 蓋置きは何だろう
と思ったことです。
 
 「月に雁」見えます、見えます!
2011/10/11(Tue) 10:40 | URL  | みゃあくんのおかあしゃん #-[ 編集]
至福のひととき
専門的なことは分りませんが、葉摘みさんの挿す瓢の籠花入の花たちの素敵なこと。

お嬢さん灰形の見事で目が奪われてしまいました。

お料理も全てお作りになられたそうで感心してしまいましたが、季節の煮物椀も良し、八寸の海のものと山のもののご馳走も全て味わっていただけそうですね。

亭主のお気持ちが客に至福のひとときを与えます。

2011/10/11(Tue) 12:29 | URL  | boumama #-[ 編集]
ROKUさま
この句はROKUさんの句でしょうか?
きれいな句ですね~

お返事遅くなってごめんなさい。
怒涛の日々でした。

本来は10月といったら中置水指ですが、
まだ初旬なので火が近くも暑かろうと、とらわれずセットしました。
苦労の敷き瓦を褒めていただいてうれしいです。
料理も煮物椀一つですが見ていただけ、うれしいご批評です。
干菓子もありがとうございます。茶席で自慢しましたよ。
2011/10/11(Tue) 22:56 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ちょきたらさま
灰形を褒めていただいたと、お嬢2に言っておきました。
とっても喜んでましたよ。

風炉先はオリジナルで作らせたものです。
道具が地味なもので・・・

蓋置は分銅形で美濃焼きの古いものです。
そこに目がいきましたか・・さすが!
2011/10/11(Tue) 23:01 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
みゃあくんのおかあしゃんさま
瓢の花入れは口が小さいので入れ易く、誰でも上手に入るんです。
今を盛りと咲いている花の力強さでしょうね。
腕ではありませんよ。

蓋置はちょきたらさんのところに書きましたので。

月に雁と見えたんなら成功かな~♪
2011/10/11(Tue) 23:06 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
boumamaさま
灰形を褒められることで、ますます彼女はがんばることでしょう。
若いときは叱って褒めて・・・

料理の得意なboumamaさんに言っていただけると自信になります。
献立には苦労しましたから。
最終的には市場にいって、食材の顔を見てから決めるのが大事ですね。
日々勉強です。
2011/10/11(Tue) 23:12 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック