FC2ブログ
12日が“十五夜の満月”だから、
露天風呂から見る月は“十七夜の立待月”か。

白濁した湯に浸かりながら、クッキリとした秋の月を眺める。
あぁ・・風流なるかな。



翌日も快晴なり~ 中禅寺湖
妹は雨女なんですが、ここは姉さまの威厳、晴女の勝利!!

東照宮を目指し、いろは坂を駆け下りる。
昔と違い、上りと下りが別ルートになっているので
対向車を気にせずコーナーを切れ、難所のいろは坂も楽になりました。

東照宮の手前に、重要文化財の「田母沢御用邸記念公園」
父上達の世代にとって、
天皇御用邸内の拝見は、感慨深いものがあるのでは・・と寄りました。

ちょっとの寄り道のつもりだったんですよ。
メインは東照宮ですから。
それが意外に見ごたえがあり、人も少なく・・・ 
思わぬ長居をしてしまいました。

覗くだけのつもりだったので、写真はナシ。(残念!

板襖絵が見事です。
真と行の御手本のような床の間があります。
江戸末から昭和の和風建築技術の集大成を見る感があります。 

これこそ穴場! 
日光に行ったら、ぜひ立ち寄ってみて下さい。


メインのはずが、サブにまわってしまった徳川家康廟。
日光東照宮。東照宮
山門
皇居の鬼門の守りとも言われています。
坂あり砂利あり足元が悪いため、無理をさせてもとサワリ見物にて終了。
次回のお楽しみに持ち越しました。

紫苑

あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ

【2011/09/17 15:06】 | ひとり言
トラックバック(0) |


ちょきたら
 田母沢御用邸、わたしも8年前に行きました。正直東照宮よりもそちらの方が気にいっちゃいました(笑)

 お父様も喜ばれたでしょうね^^


店主の葉摘み
ちょきたらさま
ちょきたらさんも行かれましたか!
静かで良いところですよね。
撮影オッケーだったのでデジカメを持っていかなかったことが悔やまれます。

父は御用邸で燃え尽きました(笑


みゃあくんのおかあしゃん
 良い お父様孝行が出来ましたね。
 お孫さん達も同行でお父様は
大満足の旅だったでしょう。

 葉摘みさまは二人姉妹?
 お姉さんだから 面倒見が良いの
ですね。 ナットク。



店主の葉摘み
みゃあくんのおかあしゃんさま
出来るときにできる事を。
後悔はしたくありませんからね。
みゃあくんのおかあしゃんもなかなか出来ないことをやってらっしゃると
いつも感心して拝見しております。

そうなのよ。二人姉妹の晴れ女担当です。


立待月
ROKU
立待月の露天風呂、誠に風流の極みですな~
酒好きなら桶に銚子乗っけてちびちびと・・
さぞ待ちすぎてのぼせた???
田母沢御用邸は一見の価値があるようですね。
日光へは高校の修学旅行以来訪ねたことがない。
眠り猫、左甚五郎は晩年高松藩の客分棟梁、
小さいながら美術館もお墓もあります。


店主の葉摘み
ROKUさま
誠に風流なことでございました。
RUKUさんのように、一句・・といけばなお風流だったんですが
その素養がないことが残念です。

四国の高松とのつながりがあったとは・・・!
知りませんでした~@@


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
 田母沢御用邸、わたしも8年前に行きました。正直東照宮よりもそちらの方が気にいっちゃいました(笑)

 お父様も喜ばれたでしょうね^^
2011/09/17(Sat) 21:19 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
ちょきたらさま
ちょきたらさんも行かれましたか!
静かで良いところですよね。
撮影オッケーだったのでデジカメを持っていかなかったことが悔やまれます。

父は御用邸で燃え尽きました(笑
2011/09/17(Sat) 21:51 | URL  | 店主の葉摘み #-[ 編集]
 良い お父様孝行が出来ましたね。
 お孫さん達も同行でお父様は
大満足の旅だったでしょう。

 葉摘みさまは二人姉妹?
 お姉さんだから 面倒見が良いの
ですね。 ナットク。
2011/09/19(Mon) 00:44 | URL  | みゃあくんのおかあしゃん #-[ 編集]
みゃあくんのおかあしゃんさま
出来るときにできる事を。
後悔はしたくありませんからね。
みゃあくんのおかあしゃんもなかなか出来ないことをやってらっしゃると
いつも感心して拝見しております。

そうなのよ。二人姉妹の晴れ女担当です。
2011/09/20(Tue) 01:49 | URL  | 店主の葉摘み #-[ 編集]
立待月
立待月の露天風呂、誠に風流の極みですな~
酒好きなら桶に銚子乗っけてちびちびと・・
さぞ待ちすぎてのぼせた???
田母沢御用邸は一見の価値があるようですね。
日光へは高校の修学旅行以来訪ねたことがない。
眠り猫、左甚五郎は晩年高松藩の客分棟梁、
小さいながら美術館もお墓もあります。
2011/09/20(Tue) 17:54 | URL  | ROKU #-[ 編集]
ROKUさま
誠に風流なことでございました。
RUKUさんのように、一句・・といけばなお風流だったんですが
その素養がないことが残念です。

四国の高松とのつながりがあったとは・・・!
知りませんでした~@@
2011/09/21(Wed) 23:53 | URL  | 店主の葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック