FC2ブログ
ほうじ茶のことを書いたら
猛烈に、父が焙じているほうじ茶のことを書きたくなりました。

うちで売っているほうじ茶は、父が年代物の焙じ機で作ります。
もう何十年も使用している「焙じ機」は、
父にしか扱えない、父によく似た頑固ものです。
季節により気候により微妙な火加減で、これぞ匠の技!ッて感じ。
私は、父のほうじ茶が日本一美味しいと思います。

こんな古めかしい方法で作っているほうじ茶は、近代的な誰でも簡単に作れる焙じ機では出せない「職人技の味」
父が倒れたら・・・ 古い焙じ機が壊れたら・・・
自家焙煎のほうじ茶は一生売り切れです。

こうやって様々な職人技の味が消えつつあるんだろうな~って
おセンチになってしまったわ
(ちなみに娘である私は扱えません。機械がガンコすぎて)

【2006/08/28 18:19】 | 狭山茶のこと
トラックバック(0) |


kazumi
jわざわざ水出しほうじ茶の実験して下さったのですね。
大変ありがとうございました。勉強になりました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
jわざわざ水出しほうじ茶の実験して下さったのですね。
大変ありがとうございました。勉強になりました。
2006/08/29(Tue) 00:24 | URL  | kazumi #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック