FC2ブログ
続くお茶会と仕事の山積で少々お疲れ気味。
1週間のご無沙汰です。

どうも今日はハロウィンらしいが、なんだかねぇ。
ピンとこない古い人種である。
それより明日から11月のほうが衝撃です。 早い!

それよりもどうしよう、炉開きなんです。
今日、蹲踞の筧と枝折戸を庭師さんが青竹に替えてくれました。
年に一度の贅沢。 炉開き近し
しかし、だからもう ・・・もう後回しはできません。

目の前に仕事もあるけれど、合間を縫って畳を替えました。
丸畳から炉畳へ。 気分がガラリと変ります。
炉壇を入れ、五徳を据える。
なかなか中心に釜が落ち着かなくて・・・苦戦する。
微調整にかなり時間を取られ、灰は明日に延期です。

茶道具も炉バージョンにと、やること沢山あります。
私はいつでもオッケーよ。椿スタンバイ
白玉椿に言われてしまった。。。 頑張ります。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>   

【2018/10/31 22:43】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |
二十四節気・霜降の昨日、原三渓八十回忌追善茶会に行ってきました。
大師会の会員ではないのですが、ご紹介があっての参加です。
追善の茶会ってそうあるものではない。
明治の数寄者の大ファンでもあり、まして三大数寄者のひとり、
そして大師会となれば期待は大いに膨らみます。

向かう電車の窓に雨が落ちてきた。
点在するの茶席は難儀ですが、晴れ女の店主には妙な自信がある。
たとえ雨でも、室内にいるときに降って、外を歩くときには止む。
同行の方は傘を持っていないと言ってましたが、
「一緒だから大丈夫!」と大見得を切る。 (なんの根拠もありませんが・・・


茶会には何度か伺っているのですが、いつも手前にある鶴翔閣でした。
今回は三渓記念館の裏手に並ぶ茶室群が会場。
御門から奥に初めて入ります。
茶会のいいところは、普段だったら外観だけの場所にも入れるところ。

臨春閣では 三渓園の茶会
五島美術館が濃茶席を持っていました。
まぁ~内部の見事だこと、美しいこと、贅沢なこと! 
あの頃のお金持ちはスケールが違う。

写真中央奥深くにある月華殿と金毛窟も濃茶席。
そこは語り継がれる名茶会、原三渓の朝茶事の再現です。

浄土飯の茶会
昭和12年(1937)8月、恒例となっていた朝茶の開催直前、
長男の善一郎が45歳の若さで急死します。
誰もが茶会は中止になるであろうと思っていましたが、
初七日を過ぎた15日より、数回にわたり浄土飯の茶会が催されました。
月華殿の床には「君を望む」と書かれた惜別の一偈。
朝餉は蓮の葉を敷いた飯櫃にご飯を盛り、紅蓮の花弁で覆って出され
飯を取り分け、蓮の実を煮たものを散らし、だし汁をかけて食します。
お菜は大徳寺納豆、漬物だけのシンプルなもの。
一畳台目の金毛窟に移り、茶の床には源実朝の日課観音が掛けられ
井戸茶碗の銘は君不知。


高橋箒庵が残した茶会記を読んで、
茶を介し、言葉に載せず思いを交わし、共鳴し合う
茶事茶会とは本来こうあるものだ・・と深く感銘を受けたものです。

その時の設えを80%再現した道具組だとか。
同じ場で、ほぼ同じ設えの中に身を置き、哀悼の感を覚えました。

晩秋の今は蓮も枯れ果てていましたが、
その夏、蕾もまた・・・
朝露に濡れた蓮華は、三渓の哀しみを表すようだったでしょうね。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>  

【2018/10/24 22:47】 | お茶会のこと
トラックバック(0) |
今日はお茶会。
お世話になった先生が亡くなられ、追善の席にお呼ばれしました。
とはいっても、通常の茶会の一席だけが追善です。
あとは常の茶席なのでハレ、一席のみがケ。・・・むずかしい。
着ていく着物が問題です。

追善をうたった茶会なら、それに見合った着物でいいけれど
一席のみとなれば、亡先生をご存じないお客さまも多いでしょう。
他の席にも失礼でなく、お招きの追善にも見合っていて
どちらにも良きようなコーディナイトとは・・・

こんな感じに落ち着きました。落ち着いたコーディネイト
チョイスしたのは金糸銀糸の入っていない帯です。
龍村織の名物裂の帯は、こういう時便利。
帯揚げと帯締めも、侘びを意識し色を抑えました。

こういう時は紋付の無地 色無地紋付です
落ち着いた色目は帯によって表情を付けられるので重宝します。

華やかさを抑え、追善の色も控え気味に表現。
全席追善だとしても、時代と近代でも変わってくると思います。
あとは追善の方との距離感かな。
着物とはいえ構成の一部、あれこれ考える良い機会でした。


明日は十三夜。 清風拂明月
良い月夜になる予報です。 楽しみだわ~


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>  

【2018/10/20 20:23】 | 茶会の着物
トラックバック(0) |
北の方では雪という予報を聞き、冬近しを知りました。
今日は旧暦の重陽です。
九月新暦の重陽には、菊が咲くんかい!露が落ちるんかい!と
団扇を片手に悪態をつく店主であった。
やっぱり日本の行事は旧暦にあるべきだわ・・と再度つぶやく。


店に飾る花を探しに裏庭へ行く。
知らぬ間に糸芒がたくさん穂を出していました。
急に来た晩秋の気配に慌てたようです。
とてもきれい!糸芒の群生
なのでタップリいれる。光琳の絵巻のよう
光琳の絵巻にあるようだと悦に入ります。

だれかと共有したい・・・
となったら茶事ね、となる。

古い丹波の大壺に山ほどの糸芒を入れて、
福田先生に描いていただいた落雁の図の軸を掛けよう。
お気に入りの鉄風炉を使って。鉄風炉と敷き瓦 
と夢想する。

柿も今年は豊作で だいぶ色ついた柿
強肴には柿なますを出しましょう。
それで一献のみとして、すぐお茶にするのもいいわね。
なにしろ秋の日は釣瓶落としだもの。

「糸芒がきれい」から派生していく。 
いつかこんな趣向で開こう。ワクワク♪


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>   

【2018/10/17 22:18】 | お茶事のこと
トラックバック(0) |
肌寒さを覚えるようになりました。
もうすぐそこに来ているよと、色を付け始めたヤマボウシが告げます。

正直者が咲きだした。ツワブキが咲いた
九月までの猛暑をすっかり忘れたみたいです。

最近とみに感じることでもあり、
講義もきっとこんな話から始まるのではないかと
新学期の床に掛けました。妙応無方
「妙応無方」 妙に応じ、方無し 臨済録の序にある言葉です。 
昭和の名僧と言われた無文老師の筆になります。

茶掛に仕立てられていますので、茶の湯なりの解釈をしてみます。

妙とは、いうにいわれぬほどすぐれているさま。その様子。
応じは、こたえるとか対応する、でしょうか。
方は、やり方とか方法とかで、無しは無い。自由自在ということ。

茶事や茶席に置き換え、考える。

相手に良きようを最優先に、形式に捕らわれず臨機に応じる。
ごく自然な動きや配慮であるため、心に留まることはない。
自分を出していてはそうはならない。
互いに主を相手に置く。
水が流れるごとく始まり、終わる。
大河であろうが、小川であろうが、水であることに変わりはない。

四字をそう捉えました。
あなたはどう捉えましたか?


寒さにネコは見事な一体感である。
スッポリ。。箱ネコ


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>    

【2018/10/15 23:52】 | 掛軸のこと
トラックバック(0) |
今日は茶の湯釜勉強会の新学期。
秋に始業式なんて海外並みだね。(笑

小雨の中、続々と集まってきます。
今年で九年目。 
釜師の長野先生には、講師として長くお世話になっています。
そして、初期メンバーとも九年のお付き合いになったんですね。

勉強会が 茶の湯勉強会
いつものように軽い語り口での数寄雑談から始まりました。

茶の湯の深いところにいる先生の数寄雑談は、
未知の世界の冒険談を聞くようで、興味深く、面白く、
その中に込められた真意に、目を開かれる思いでしょう。


目を開き、耳を澄まし、学び取っていくのが茶の学びの基本。
その行程は長い。 
気付きの無いまま過ぎていくことも多い。

20年、30年で知るところを、5年、10年で済むかもしれない。
余った10年で、更に教養を深めてほしい。
茶は知っていることが多いほど楽しいのです。


いつまでも聞く耳を持ち、見る目を持ち続ける。
好奇心を持ち、安住しない。
それが一番の近道かもしれません。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>     

【2018/10/14 23:57】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |
飛ぶように一日が過ぎる。
そんな日々でも、自然からの知らせを受け取れる環境にいる。

落ちてくる香りに目を上げた。 金木犀が咲いたよ
豊かな営みと共にあると、幸せな気持ちになった。
ほら、こんな季節になったのよと、教えてくれてありがとう。
うれしいよ、ありがとう。色付き始めた柿


明日は七十二候の「菊花開」 菊の花が咲き始める頃とあります。
よく知ってたね。 浜菊
浜菊が咲き始めました。 猛暑で枯れたかと思ってたけど・・・
やっと雨で土が潤い、生気を取り戻したのでしょうね。
逞しさに脱帽です。


なまじ人間には知恵があって、便利なツールもいろいろ持ってて
賢いつもりでいるけれど、
自然にはかなわないと思い知った出来事が今年は多かったです。


自然を受け止め、逆らわず、嘆かず、立ち止まらず、
悲しみも憤りも、あるがままに受け入れたい。謙虚でありたい。
喜びを何に見出すか。
自分というモノの有りようとは。
金木犀の香りの下で、少し哲学してみました。笑


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>     

【2018/10/12 22:07】 | ひとり言
トラックバック(0) |
10月8日、寒露です。
朝夕に寒気を感じ始め、秋も深まりゆくころ、とあります。
が! 昨日の暑さったらどうよ。秋の空
でもやはりそこは秋だね、湿気がない。 それが救い。
そんな中、茶事勉2期生の本気茶事がありました。

2年間で卒業だったけど、まだやり残したことがある気がして
残ってくれた有志4名が3年目の積み重ねをしています。
卒業した人も、客としての経験を積みたいと言ってくれて
席中に座してくれました。

10月だったら当然「侘びの茶事」
ところが季節外れの猛暑。台風一過の強風も懸念される。
外腰掛の事、茶事の運び、どこに心を置くか、などなど。
自分たちで考え、対処しなくてはならない。

定刻となり茶事が始まった。
自分の茶事に臨み、主客ともに楽しみを覚え、堪能しています。
とてもいい茶事となりました。
ずいぶん成長したね。足が地に着いた。
茶事を成り立たせた達成感と満足感に浸る顔が見える。
そこまでに至ってくれた、こんなうれしいことはない!!


この勉強会のいいところは、年功序列もなく同等というところ。
更にの一歩を求めて、この場に集まった仲間です。
当然先生も違うし、茶歴も違う。流派だって違う。
しがらみがない分、楽と言えば楽、どっちかというとしんどい。

先生の暖かな懐、手の内から、更なる高みを目指しここに来たら
見ていなかった、知らなかったという現実を突きつけられる事となる。
‟出来る”というプライドを自分で打破できなかったら、
出来ないという事から始めることに対応できなかったら
こんな居心地の悪いところはないと思う。

自分たちの力だけで、道具組や懐石の献立、さまざまなことを考え、
席運びを工夫し、茶事を成り立たせる場だということ。
これを苦労と思うか、知る喜びとするか。柿の茶碗


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>     

【2018/10/08 23:06】 | お茶事のこと
トラックバック(0) |
波乱の幕開けとなった10月。
夜中に大きなモノがガランガランと転がっていく音で目覚めて、
怖くてドキドキ、眠れなくなってしまった。
朝起きたら焙じ機が、なんと芝生まで移動し横転してました。
二人がかりでやっと起こしたとても重い焙じ機です。
ストッパーもかけていたのに、よくまぁ動かしたもんだ。
倒れたのが芝生の上だったので、どこも壊れず助かりました。
やれやれ・・・ 
本当にすごーい猛烈台風でしたね。

翌日は信じられないくらいの猛烈な暑さがやってきた。
車内の温度計が34℃って・・・なに?

でも今日は秋の青空。秋空

台風の翌日には 秋草
ゆすられ振られてグッタリしていた秋草も生き返る。

皮一枚の瀕死の白樺。瀕死の白樺
良く持ちこたえてくれました。がんばれー
危ないから切ったほうがイイと言われた白樺の木ががんばった。
こんな姿でも葉を茂らす。生きていたいと言う声がする。 
なんだか心が震えた。

言葉を持たないものに教わることは、多い。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>      

【2018/10/02 21:39】 | ひとり言
トラックバック(0) |