二度目の“明けましておめでとうございます” です。
昨日は旧暦の新年・元旦でした。

2日間の初釜は、春が来た?桜咲いちゃう?と勘違いしそうな温かさ。
寄付きの火鉢から感じるぬくもりで、暖房は十分です。
いや、汗をかきました。
帰りに冷えて風邪をひかないといいけれど・・と心配になるくらい。

みなさんのお心掛けが良いようで。
茶席は用意できても、天気は用意できませんから。


初釜前日は、道具の最終チェックと動きのシュミレーションを練って
夜は夜とて点心作りで鍋が総動員。
こんなことをしたり 黒豆松葉作り
あんなことをしたりで・・・ 今回も点前はぶっつけ本番です。
度胸のいいとこだけが取り柄の店主。

床はこんなで 軸と茶花
点前座はこんな感じです。長板飾りで
初釜が旧正月の偶然に、ちょっと気張った道具組にしてみました。


同じようだけどちょっとは変えてます点心。点心

毎度おなじみですねん白雑煮。白味噌雑煮
おっと今年はちょっと頑張りました。
山利の白味噌。山利の白味噌
沢山使うこんなときなら取り寄せも可能よ!と京都から。
宅急便ってありがたいわ~。

もうひとつ、宅急便の有難さを痛感することは
小松市の行松旭松堂さんからお菓子を用意出来ること。

お題に因んだ「雪間の草」のイメージで・・・とお願いし、

届きました。雪間の草
「花をのみ待つらむ人に山里の雪間の草の春を見せばや」 藤原家隆
で、季節外れの篭盛りに。
「若菜摘み」と読んでもらえたらうれしいわ。


思うような道具組。
イメージ通りのお菓子と点心。
客を想い浮かべ工夫する茶席運び。
疲れも吹っ飛ぶ亭主八分の楽しみって、最高!


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>         

【2017/01/29 18:22】 | お茶事のこと
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



店主の葉摘み
鍵コメさま
ブログでのお誘いはしなかったもので申し訳ございません。
オフ会のような茶会を開いたその折にはぜひお越しくださいませ。お待ち申しております。

そうですね。その時には頑張ってお弁当を作ります。
美味しいと褒められると、うれしくなって木に登る店主なのです。



正月ですね
ROKU
何て素晴らしい!!
思うようになさる、さすがですね。

点心ステキ
キンカンの甘煮つやつやで美味しそう。
つくばねが正月らしくて憎らしい。
三千家、料亭ご用達の白味噌、
さぬきの白みそもいいが、かないません。

好きこそ物の上手なれ・・知好楽ですね。


管理人のみ閲覧できます
-



店主の葉摘み
ROKUさま
またまた褒められて、どんどん木に登ってしまいます。(笑

料理上手な方に褒められると嬉しいわ。
沢山作るから贅沢も出来ます。
少しじゃ用意できないものも使えますから。
もてなすことや作ることが好きなので、
趣味に走らせていただけて本当にありがたいです。





店主の葉摘み
鍵コメさま
お茶の楽しみを広げていただいてます。
趣味を深める場があることは幸せですね。ありがたいこと!


コメントを閉じる▲
一昨日は20℃もある穏かな小春日和でした。
そして今日。 予報にたがわず・・・・
雪です! 初雪とな!
11月の初雪って・・・ ねぇ~

今日は茶友の茶事です。
着替えている間にもどんどん降って、どんどん積もって・・・
まったくもって見事な雪景色なんです。
茶人たるもの、行くのです。 はい。

道路状態が分からないので早めに着く。
柿の実と雪、赤椿と雪、黄菊や青竹にかぶる雪、雪、雪・・・
吹雪かれながら門前で待つ間もおもしろい奇なる景色。
必ず来ると知っているから、対応した準備を整え、手掛かりが開く。

外腰掛が使えないので、玄関内に縁台を置き
蹲踞も無理なので、玄関の軒先に大すり鉢を置き、蹲踞としています。
臨機応変に対応できる力量は、経験がなせる業でしょう。

手作りの懐石料理は、彼女の家で作った野菜たちを様々に使ったもの。
おじさんが作ったという新米の、3種のご飯は土鍋で上手に炊けています。
農家である彼女ならではのもてなし方で、なによりのご馳走です。

あれもこれもほんとに美味しく、二回目の飯器も空になるほど食が進むけど、
最後のお菓子まで美味しくいただけたのはなんとも不思議。
料理屋さんの懐石だと、お菓子のころには堪忍して~となるのにね。

炭点前の火が回り、湯が煮え始めると、部屋がやんわりと温まっていく。
雪が降っているので、音が沈んでとても静かです。
湯のたぎる音、香のかおり・・・ 五感が研ぎ澄まされていく。

雪は吉兆。 豊作の兆し。
彼女の茶事にピッタリではありませんか。
掛かっている軸は「一期一会」
心に染み残る、まことに一期一会の雪中茶事でした。

いい茶事だったなぁ~


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>         
彼女は茶事勉強会の一期生。
道具があるとか無いとかではなく、自分らしい茶事をする。
自分でしかできない茶事をする。
そのことをちゃんと体現してました。(喜


追記を閉じる▲

【2016/11/24 22:43】 | お茶事のこと
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



店主の葉摘み
鍵コメさま
そうですか! 
誰がどうやって作ったがわかる美味しいお米。
最高のご馳走ですね!


コメントを閉じる▲
ビッチビチだった手帳が今日以降で少し間が開く。
やっと気が抜けます。白玉椿


今日は炉開きの茶事を社中でしたいという先生のお手伝い。
我が家の茶室が会場です。
道具もお任せ、懐石もお任せというご所望で、数日前から準備してました。
自宅でなさると裏仕事もあるし、表所作も指導しなくちゃいけないしで
なかなか思うように茶事を教えることできないとか。

略事ですが、我が家には待合や寄り付きに使える部屋、茶庭につくばい、
八畳の茶室には本床、炭も使える。
本職ではないのですが、懐石もご要望があれば作っています。
設えを考えたり、懐石の献立を練ったりすることが大好き。
店主には良い勉強になります。

今回は客に9人入り、店主、半東の総勢11名。
ひとりでは到底無理で、お嬢と二人の勝手番でも大忙しでして
ゆえに煮物椀のみ。煮物椀
蟹真丈に紅葉麩、マツタケに松葉の黄柚子です。
あとは撮れなかったけど、同じものを亭主&半東さんに用意したので
賄いの松花堂。賄い弁当ですが・・
鯛と菊花のお向う、焼き物は鰆の柚庵漬け、預け鉢に飛竜頭と水菜。
強肴には自宅の柿を使った柿なます。
八寸は〆さんまと先日作った栗の渋皮煮でした。

世間の懐石常識に押されまして、二菜追加のご要望です。
ほんとうは一汁三菜を押したかったのですが、なかなか難しいですね。
とっても美味しかったと言っていただけて、寝不足の甲斐がありました。

プロではありませんので、手を抜けるところは抜きます。
良い材料を吟味し、腕前を補ってます。
簡単で誰でもできる懐石料理で、茶事はいいのではないかしら。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>          

【2016/11/09 21:18】 | お茶事のこと
トラックバック(0) |
昨日はとっても寒かった。
上着は仕事の邪魔なので、下を重ねる。 ババシャツ解禁日。

今日はとっても暑かった。
10月半ばを過ぎての27℃、夏日って・・・。 汗ばむ晩秋って・・・。
上がったり下がったり、翻弄される店主。 疲れるわ~。

紫に染まる庭でボウボウなので、選定を兼ねて連れてきた。
ドーンと鎮座する紫式部。紫式部
秋らしいとみんなに褒められ、お店に来てよかったわね。


茶事勉強会の時、こんな軸を下げました。
「林間暖酒焼紅葉」林間暖酒焼紅葉
>林間に酒を暖め、紅葉を焼く(たく)。
晩秋の楽しみを詠った詩は白楽天です。

でも今日はご飯を炊くのです。
どんなに言葉を尽くすより、実感に訴えたほうが学びになりますから。
主な目的は「三種のごはん」を舌で知ること。
店主のおすすめはこの土鍋。土鍋でご飯炊き 五合炊き
土鍋本体に厚みがあって、火力の伝わり方が安定します。
蓋が重いので、大事な中盤の吹き上がりにも負けません。
なにより15分で炊けるので、時間が読めるのが土鍋のいい所。

昼食後なので一口ずつ味わったもらうつもりが (四合炊いた)
美味しい~と喜ばれて、土鍋ご飯は空っぽに!
そんなに感動してもらえて、なんともうれしい限りでございます。

茶の場に湯があるように、懐石にはご飯が必ずあります。
どちらの重要な必須アイテムです。
一汁三菜や二菜と付けるものは言うけれど、ご飯は言葉にしません。
必ずあるから。  
そうなのです。 ご飯は懐石の一番の主役なのです。
だから一番神経を使います。


ご飯・火・茶花。
生きているものが一番難しい。

浜菊とホトトギス 茶花の講習会を来年開きます。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>            

【2016/10/18 22:31】 | お茶事のこと
トラックバック(0) |

開炉の茶事
きき
ブログ、日常的に拝見させていただいております。
大変勉強になります。心より有難うございます。

当方、表千家修練中の身です(中年女性)、大変不調法で恐れ入りますが、茶事の装いについてお訊ねです。

地元の茶道具屋さんで月に1度の、懐石料理教室(ご流儀不問)に参加させていただいているのですが、
この度、生徒参加の、お料理教室100回記念の茶事(「開炉の茶事」)をお茶道具屋さんで開いていただくことになりました。

 茶道具屋さんの茶室をお借りして、生徒で水屋一日、客一日毎(合計二日)と交代して参加します。

着物で思案しております。
紋付の色無地と紋無しの訪問着(=紋付き持たず)、場に沿う装い、どちらが良いものか、迷っております。
正客、次客、お三客、お詰は辞退すべき立場にあります。

恐縮です。ご指南いただけましたら、幸いです。
(自分自身の師匠には、社中の皆様に気遣い、
=自慢話になってもと=お訊ねしづらいところがあります)

厚かましいお訊ねで本当に恐れ入ります。


店主の葉摘み
ききさま
いつもご来訪いただいているとか。
拙い(最近は怠け者プラス)のブログにありがとうございます。

お返事遅くなりましたか?ごめんなさい。
たいへん詳しく書き込んでいただいたのでありがたいです。
リアルに趣旨を想像できました。

私でしたら迷わず「色無地・紋付・袋帯」を選びます。
理由としては、
まずは、表千家だということ。色無地紋付を位高く重んじていますから。
次は、御祝であり、開炉の茶事であるということ。
そして、目立たないよう控える立場だということ。
この三点です。

お役に立てばうれしいです。



きき
店主様

早速のお返事、本当に有難うございます。

ご指南の通りにと、存じます。
感服&自信が持てました。

お相手に礼を尽くす装いは、自分自身の経験も少なく、まぎれもない「不調法者」で、ぎりぎりで迷ってしまいます。

このように迷える幸せを、「感謝せねば。」と思いながら、心より御礼申し上げます。

有難うございました。



yoshi
以前 寒月の茶碗について書き込みさせていただいたものです。
画像は紫式部ではなくてコムラサキだと思います。二枝程度に生けられて他に赤色系の実などを追加された方が良いのではないかと思いました。


yoshi
追加です。
参考ですが、電気炊飯器で時間はかかりますがとても美味しく炊ける炊飯器が販売されています。釜で直火で炊くのに拘らなければ、そちらの方がとても美味しく炊けますよ。


店主の葉摘み
[色:00FF00]ききさま[/色
ききさまの丁寧な物言いと柔らかな物腰に、我が身を振り返り、なんとも恥じ入りました。
人としてまだまだですね。傲慢です。見習わなくてはいけません。
どんな方にも礼を尽くすこと。至らぬわが身を自覚すること。
ききさま、ありがとうございます。




店主の葉摘み
yoshiさま
いろいろとご教示いただきましてありがとうございます。

とんでもありません。
きき
店主様
勿体なさすぎのコメント、有難うございます。
とんでもありません。私こそ、日々、煩悩が多すぎて、、、アドバイス、本当に有難かったのです。
で、煩悩が多い私は、「どっちの色無地にしようか」と、迷いちうなのです。
私の人生、きっとずっとお勉強ですね。

コメントを閉じる▲
重陽の翌朝。
起きた瞬間、「秋だ!」と確信する。
肌感覚がそう教えたのだ。

今夜も雨模様で望めないが、
少しずつ膨らんでいく月がそこにはあるはず。


今日は若いお母さん方のお楽しみ会を開催。
茶の湯も体験してみたい。
キチンとした料理も覚えたい。
ならば点心で薄茶一服の体験会をば。
薄茶はお嬢’Sが、点心は店主が担当です。

茶室の設えと季節に合わせた趣向などの話をしながらの一服を点てる。
茶の湯の楽しさの一端でも感じてもらえればと、お嬢2が準備しました。
茶道を知らない方でも手を抜かない。
うふふ、もてなしのあるべき姿、茶の湯の姿勢をしっかり受け止めてるね。
きっと親のしつけがいいのねぇ。 (笑

若いお母さん方にはおなじみのCafeでいうところの
One Plate Lunch。点心
栗ご飯と野菜中心の点心で、ヘルシーLunch。 

セットのSoup。吸い物
海老真丈としめじ、紅葉人参の吸い物椀で秋の先取り。

作り方も知りたいと言われているので、手に入りやすい食材ばかりです。
ワンポイントアドバイスと手軽な(手抜きとも言う)作り方も付けました。
若い方は食に深い関心があり、添加物等に敏感で
安心で安全な食事を子供に作ってあげたいと思っています。
子供の時から出汁は顆粒や振り出汁という便利&手軽主流の環境にあると
昆布と鰹節からとった出汁の旨味は、新鮮な味覚のようです。

中心になっている方には、すでに簡単な方法を伝えていたのですが
すぐに家で実践してくれたとかで、
「美味しいと思って使っていた振り出汁パックをしょっぱく感じるようになった。」
「鰹節で出汁をとったら、家中に鰹のいい香りがしてうれしくなった。」
そんなことを言ってくれると、ご機嫌になるじゃないの!

「今度は料理教室をお願いします。」
こういうことは次世代に繋げなくてはいけませんもの。
快諾です。 喜んで!


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>              

【2016/09/12 22:19】 | お茶事のこと
トラックバック(0) |

老婆心ながら
ことだま
失礼ながら、もしランチのつもりで書かれているのであれば
Lunchではないかと。

単なる同好会のお集まりの主宰者であれば、気にならないのですが、一応何かお教えになる会の主宰者のご様子ですので気になりました。



店主の葉摘み
ことだまさま
ありがとうございます。
変換に任せてしまい、無知無学を露呈しました。
これではボートの意味になってしまいますね。お恥ずかしい限りです。

早々に修正いたしました。感謝申し上げます。

コメントを閉じる▲