FC2ブログ
北の方では雪という予報を聞き、冬近しを知りました。
今日は旧暦の重陽です。
九月新暦の重陽には、菊が咲くんかい!露が落ちるんかい!と
団扇を片手に悪態をつく店主であった。
やっぱり日本の行事は旧暦にあるべきだわ・・と再度つぶやく。


店に飾る花を探しに裏庭へ行く。
知らぬ間に糸芒がたくさん穂を出していました。
急に来た晩秋の気配に慌てたようです。
とてもきれい!糸芒の群生
なのでタップリいれる。光琳の絵巻のよう
光琳の絵巻にあるようだと悦に入ります。

だれかと共有したい・・・
となったら茶事ね、となる。

古い丹波の大壺に山ほどの糸芒を入れて、
福田先生に描いていただいた落雁の図の軸を掛けよう。
お気に入りの鉄風炉を使って。鉄風炉と敷き瓦 
と夢想する。

柿も今年は豊作で だいぶ色ついた柿
強肴には柿なますを出しましょう。
それで一献のみとして、すぐお茶にするのもいいわね。
なにしろ秋の日は釣瓶落としだもの。

「糸芒がきれい」から派生していく。 
いつかこんな趣向で開こう。ワクワク♪


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>   

【2018/10/17 22:18】 | お茶事のこと
トラックバック(0) |
10月8日、寒露です。
朝夕に寒気を感じ始め、秋も深まりゆくころ、とあります。
が! 昨日の暑さったらどうよ。秋の空
でもやはりそこは秋だね、湿気がない。 それが救い。
そんな中、茶事勉2期生の本気茶事がありました。

2年間で卒業だったけど、まだやり残したことがある気がして
残ってくれた有志4名が3年目の積み重ねをしています。
卒業した人も、客としての経験を積みたいと言ってくれて
席中に座してくれました。

10月だったら当然「侘びの茶事」
ところが季節外れの猛暑。台風一過の強風も懸念される。
外腰掛の事、茶事の運び、どこに心を置くか、などなど。
自分たちで考え、対処しなくてはならない。

定刻となり茶事が始まった。
自分の茶事に臨み、主客ともに楽しみを覚え、堪能しています。
とてもいい茶事となりました。
ずいぶん成長したね。足が地に着いた。
茶事を成り立たせた達成感と満足感に浸る顔が見える。
そこまでに至ってくれた、こんなうれしいことはない!!


この勉強会のいいところは、年功序列もなく同等というところ。
更にの一歩を求めて、この場に集まった仲間です。
当然先生も違うし、茶歴も違う。流派だって違う。
しがらみがない分、楽と言えば楽、どっちかというとしんどい。

先生の暖かな懐、手の内から、更なる高みを目指しここに来たら
見ていなかった、知らなかったという現実を突きつけられる事となる。
‟出来る”というプライドを自分で打破できなかったら、
出来ないという事から始めることに対応できなかったら
こんな居心地の悪いところはないと思う。

自分たちの力だけで、道具組や懐石の献立、さまざまなことを考え、
席運びを工夫し、茶事を成り立たせる場だということ。
これを苦労と思うか、知る喜びとするか。柿の茶碗


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>     

【2018/10/08 23:06】 | お茶事のこと
トラックバック(0) |
台風が去ったら猛暑復活。
まったくいつまで続くんだ、しんどいぞ猛暑!!

月曜から四国に出張に行っていたお嬢1。
帰りの予定日が台風直撃とバッチリで、飛行機が飛ばず一日延泊。
24日に帰ってきました。
体調が悪い中の出張だったので、とても心配してたのですが
毎食のうどんパワーで乗り切ったようです。
美味しいうどんがあってよかったねぇ。 さすが本場のうどんだわ。


ちょっと楽をした体にこの猛暑はきつい。
処暑とは名のみ。
しかし芒が穂を出して、秋の野茶碗
矢筈芒と萩 秋が近いよと慰めてくれる。
もう少しの辛抱だね。 ・・・だといいわねぇ。


茶事勉の座学も後半に入り、実践のウオーミングアップを少しずつ。
外回りの学びをしました。

外腰掛の円座をどう置くか。煙草盆の載せる向きは?
円座と煙草盆を実際に置いてもらう。
稽古茶事の経験があっても、確信をもって動けないことに気付く。
指示でのセットと、自分の責任でセットするのでは気持ちが違う。

蹲踞の手燭石はどっち。 湯桶石は?
同門の中でだけやっていると、マニュアルの中で粛々と進むから
ある位置にあると目を止めない。 意識をもって見ていない。
動きから考察してみるが、流儀の考え方の違いに戸惑う。


見ていないことに気付く。
自分の流儀と他流では違うことを知る。
茶の湯の多様性に驚く。

いいねぇ~、目を丸くしてキラキラさせて。
目が開く瞬間! 扉が開く瞬間!
これからの意識が変わっていく。
茶の湯の世界が大きく開いていく。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>       

【2018/08/25 23:02】 | お茶事のこと
トラックバック(0) |

二刀流
ROKU
ホント仕出し屋さんですね。
松花堂、玄人の域超えています。
喫茶に1日○食限定メニューで加えたらいかが。

あらあらお嬢さま「さぬき」へ、一週間もご出張?
運悪く台風で足止めでしたか。
関わり?があるのですね。



店主の葉摘み
ROKUさま
お返事すっかり遅くなり、申し訳ございません。
夏風邪ひいておりました。

体調不良で食欲がなかったので心配していたのですが
美味しいうどんを毎食食べて乗り切ったそうです。
うどんは日本人のハレの食事であり、体に合うんですね。
さすがうどん県!

コメントを閉じる▲
夜半、大きな風の音に目が覚める。

台風の予報にビクビクし、来るか来るかと身構えてしまう。
どうして、待ち構え、期待するような気分になっちゃうんだろう。
今朝、
心配した瀕死の白樺もしっかり立っていて安心しました。
どんより蒸し暑い。
午後になると快晴。 更に蒸し暑さ倍増。 あぅ・・・


予定のない休日、たまった作業をこなして過ごす。

お盆は仏様が帰ってくるので、ご接待メニューの調整から。
いつなにを作って、食材はなにをいつ買いに行くか。
仕事の合間にこなすので、よく考えて行動しなくては。

お盆明けたら茶事勉強会と灰形講習会が続く。
灰形の時の昼食メニューは、夏時期が初めてなので苦戦してます。
こちらはお盆の買い出しの時に下見をして決定するつもり。

そこまでやったら、あまりの蒸し暑さにギブアップ。
避暑を兼ねて喫茶店に行き、気分を変えて勤しむ。

なにが一番溜まってるかというと・・・ 
懐石の記録ノートの清書。
自茶事の時は全般を記録し、感想と反省も書く。
懐石や点心作りの時は、盛り付けやメニューを残すようにします。

これが、下書きや原案の段階からだいぶ滞っておりまして。。。
後の参考になるように、整頓し清書したいのだが、溜まりました。

この季節はこんな食材・献立だった・・とか
この方々を招いた時はこういう道具組だった・・とか
この人はこれを喜んでくれた、この人はこれが苦手・・とか
どこで買った、どれくらいの量を買った、作った・・とか

下が原案の事前ノート 清書ノートと原案ノート
出す順番の味付け、食材の変化に違和感がないかを煮詰める段階。
上は清書の事後ノート。 2冊目になりました。
このページは、点心の盛り付けを図解してます。
後日見てもわかりやすいように整理整頓、残すようにします。

これがきっと後の味方になると信じています。
自分にとって。 娘たちにとって。 後輩たちにとって。

まずは溜めずに清書しろよってことなんですがね。(笑

ボクは麺が好きです♪麺が好き


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>       

【2018/08/09 21:56】 | お茶事のこと
トラックバック(0) |

素晴らしい
ROKU
ちゃんと記録されているのですね。
実にすばらしい、財産ですね。

次の実行のために、次により心を伝えるために。

“継続はさらなる力”
メモ・記録は偉人・天才に共通しているようですよ。



店主の葉摘み
ROKUさま
後になってあれー??とならないように備忘録です。
忘れっぽいとも言いますね。(笑

スマホやらPCやらと便利なツールはありますが
ノートに手書きのほうが性に合っているアナログ人間ですから。
2、300年後には価値が出るかな?(笑


コメントを閉じる▲
今日は雨。 大雨で被害が出て大変な所もあるという。
みなさんのところは大丈夫だろうか。 
大事無いことをお祈り申しております。

店主の所は猛暑もやっと収まり、草木の慈雨でした。

3ヶ月ぶりだろうか、なにもない休日。
一日を自分の用で過ごす。
大物をコインランドリーに持って行って洗ったり、
お中元を頼みに行ったり、仕事の合間ではできないことを
心置きなくできて癒される。
やらなくちゃいけないことを抱えてるだけって、結構ストレス。
あぁ、すっきりした~!

本だって読める。
表千家と裏千家両方の冊子も優雅に読める。

表千家は、家元襲名披露の茶事をしようと思っているとあった。

裏千家には、「茶事を考える」と題して、家元の言葉が載っていた。
>基本を学ばず一部だけを学び、それで茶の湯とのかかわりが
  終わってしまうのはいささか勿体ない。
>点前手続きの稽古だけでは理解できないことも、
  茶事を経験することで視野が開けます。
>本来はこうであるという根本はしっかりと学びながら
  折々の茶の湯を楽しんでいただければと願います。

時を同じくして「茶事」というキーワードが表れる。
きっと強く伝えたいことは
>基本を学ばず一部だけを学び、それで茶の湯とのかかわりが
  終わってしまうのはいささか勿体ない。
なのではないかと思うのは、店主の穿った見方なのだろうか。

七夕をイメージしたアレンジ 窓辺のアレンジ
明後日の七夕は今年も・・・らしい。 行事は旧暦に、賛成!!


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>    

【2018/07/05 22:41】 | お茶事のこと
トラックバック(0) |