FC2ブログ
用事もあったし配達も頼まれたし・・・で、出かけます。
「お稽古しているから、一服飲みにもいらっしゃいな。」

茶室に居るのは久しぶり。なんだか数年ぶりな気がする。
そこでお菓子をいただくのも懐かしい。
各服点てで濃茶をいただく。
一服点てだけど濃すぎず薄すぎず、美味しく沁み入る。
見回せば涼やかな夏障子に替わっていて、心揺さぶる。
「お稽古始めなかったら、そのままだったかもね。」と先生。
そんなことって多いと思う。
お茶はいいなぁ~。少し元気が出ました。

昨日は茶道教室がありました。
寄付きに 糸巻飾り
厄除けの意味を込めて、糸巻飾りを掛けました。

7月の設え。7月の茶室
「瀧」の軸と平水指を据えて。
去年は、滝から川に流れ・・と鮎籠を掛けましたが、
もうこれ以上の水の気配はしんどくて
蝉籠にし 茶花
深山の滝となるように、緑濃くを意識。
蓼の小さな赤をアクセントに風船蔓と青楓を入れました。

設えをするだけでお稽古をしている場には関与しないので、
雰囲気はわかりませんが、楽しそうな声は聞こえます。

夏には夏のお茶がある。
それがあったことがうれしいです。

宗旦槿が盛りです。宗旦槿
庭にあまりにも盛りなので、あえて茶室に入れませんでした。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

茶 岡野園HP   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>       

【2020/07/11 22:40】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |
今年の梅雨は、うっとおしいというよりも、重苦しい。
大雨で難儀している方もいらっしゃるでしょう。
晴れても湿気が重くて、クーラー点けつつ換気に注意。
マスクとの付き合い方も、緩急つけなきゃ暑さにやられる。
初めてのことが多くて、探り探りの今日この頃。

お稽古も探り探り。蛍の茶碗
今月から再開した方、来月からの方が少しずつ見え始め
それぞれの苦慮がうかがえます。

マスク着用でお点前とか、自服にするとか、濃茶は各服点てとか。
茶碗などの道具類を使い回さないとか、こまめな消毒とか。

お稽古はしたいがコロナは怖い。
出来る対策をしなくては・・という気持ちは理解できますが
なんだか引っ掛かる店主のモヤモヤ。
それは何かとずっと考えてた。
コロナのおかげで、茶の湯とはを深く考えるきっかけになりました。


茶の湯は、相手への思いやりと信頼で成り立つ世界と思うのです。
戦国の頃、茶の中に毒が入っているかもしれない。
突然刺客が乱入するかもしれない。
逃げ場のない小さな茶室に、刀を置いて丸腰で座して居たのは、
相手を信じ、それによって死するのならよしとする覚悟だと思う。
おのれの利よりも、相手を信じ敬う一服が茶の世界観ではなかったか。

感染の心当たりがあれば、出向かないだろう。
リスクがあれば茶席は開かないだろう。

責任を受け持つのは一方だけにあるのではない。

恐れるなら来なければいい。参加しないのも勇気だとも思う。
ましてや対策を否定する気はさらさらない。
それも一つの考えである。考えは個人にあるのだから。
その根源。
現代の恐怖は、古のものとは違うのだろうか。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

茶 岡野園HP   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>       

【2020/06/29 23:21】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |

道に終わりはない、創新あるのみ
ROKU
「道」、明治以前は「術」だった。茶道は茶の湯、華道は立花、香道は聞香、剣道は剣術、柔道は柔術だった。
道を付けた原点は「武士道」から。術ではなく、術を通して、その裏にある心や精神を学ぶ。
武将達が茶の湯を好んだのは命の危険を感じる裏にこうした強さが必要だった。緊張感を解す意味もあった。

コロナはその過程の環境変化、終わりはない、悟ったと思えば「道」ではなくなる。「創新」あるのみ。人生の道も同じ。と思うのですが・・・
「茶道の本質は、不完全ということの崇拝―畏敬の念をもって受け入れ、処することにある」
岡倉天心の言葉です。




店主の葉摘み
ROKUさま
お返事今頃となり申し訳ございません。

私の茶の湯感でブレないものが「いさぎよいもの」であるという理念です。
価値観の基準を他に置くのではなく、自分のなかに持ってほしいです。

コメントを閉じる▲
茶道教室が再開し、2回目のお稽古日。
どんな設えにしようかしら。ウキウキと考える。

カレンダーを見ると、昨日が旧暦の「端午の節句」なのね。
そして今日は七十二候の「菖蒲華」>あやめはなさく

ならばこの軸。 菖蒲の軸
今日掛けずしていつ掛ける。今は来年の確証もない。

長宗全籠に。茶花
カライトソウ・半化粧・白シモツケ
花の画賛軸の時は難しい。茶花を置かないという手もある。
今回は、茶花を控えて、白と緑を印象付け、
清しく咲く菖蒲が、見る人の目に浮かぶよう心掛けたつもりです。
生徒さんそれぞれに、どんな色で咲いたやら。。。

夏衣の茶室。床飾り

六月最後の稽古だから、主菓子は当然これ。
水無月。水無月
これも今でなくちゃね、心残りになっちゃう。

消毒液・個々の布巾・換気など、今できることの最善を尽くし
今しかないこの季節の茶に浸る。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

茶 岡野園HP   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>       

【2020/06/26 21:53】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |
梅雨らしく一日シトシトこぬか雨。
半化粧も濡れて。半化粧
マスク着用に合わせてか、我が庭の半化粧はおしろい少な目。


金曜日に茶道教室が再開されました。
茶室の大掃除、茶庭の手入れ、名水を汲み、蹲踞を清め、
この日を迎えました。

軸は「竹・葉々起清風」 竹の軸
風が少し動き出したことを喜びたいと掛けました。

茶花はヒメシャラを ヒメシャラ

風炉の灰形 風炉の灰形
お嬢2の腕は落ちてなかったようです。

蒸し暑い日だったので、筧の水を多めに流し
涼味を。蹲踞も動く
蹲踞もうれしそうに、いい仕事してます。

茶室が息を吹き返す。お茶室が起きる 感動です!
設えを考えるのも、うれし楽しの再起動。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

茶 岡野園HP   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>       

【2020/06/14 21:05】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |
6月初日は小ぬか雨が降ったりやんだり。
こういう雨ってシミジミと濡れるのよねぇ。

紫陽花の6月。雨のアジサイ
そろそろ梅雨が近いと覚えます。

4月以降、行事中止の追記しかしてなかった手帳に、
久しぶりに予定を書き込む。
茶道教室の日程と、畳屋さんの来訪日。
たったそれだけなんだけど、先の事って久しくご無沙汰だったから
胸の奥がジンワリとうれしくなりました。

昨日は久々に茶の湯のお客様が来店。
「ちょっと相談があるのよ。」と。
11月に席持ちを頼まれたとかで、知恵を借りたいとの事。
「中止になるかもしれないけど・・」というけれど
趣向を考えるだけでも楽しいじゃないですか、と励まします。
いや、励まされました。
なんたって店主の大好物だもの!

「軸はなんにするんですか?」
茶席は大体軸から方向性が決まる。

「清座一味友というのはどうかしら。」
すごくいい!

「清座一味友」とは
数人の親しい仲間が集まって、一つの釜の茶を点じて、
ともに味わう時、心も一つになった清々しさをいう。

中止ばかりだった茶席に再び座する喜びを共有するにピッタリ。
胸躍るステキな茶席になる予感がします。

近くなったらまた相談にのってくださいと、嬉しそうに帰られました。
店主も久しぶりのワクワクでした。

・・・‟久しぶり”ばっかり書いてる。(笑
更衣だからかなぁ。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

茶 岡野園HP   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>       

【2020/06/01 21:13】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |