FC2ブログ
今日は朔。新しい月が生まれる。
旧暦9月となり、晩秋が始まりました。

まだ残暑なんて言ってるし、蝉だって最後の力を振り絞ってる。
それでも日が落ちると、夜鳴く虫たちのモノとなる。
ホトトギス・フジバカマ・萩の花、紫の秋色の庭。
ホトトギス
困ったなぁ・・・感覚が追い付かない。


最近気にかかること。
「教えを乞う」と「教えてもらう」の違い。
尋ねられた方は、直感で相手の姿勢はわかるもの。

「教えてもらう」は、言葉の通り「もらう」こと。
わかった気になるけど、その時だけで抜け落ちる。
また聞けばいい、いつでも聞けると思ってるのかな。
気楽でいいわね。

「教えを乞う」は、乞うているから真剣です。
一度しか聞けない覚悟で、聞き漏らさないよう集中してる。
真っ新な心持で吸収しようとする。
次に尋ねるときは、更に知りたいときであろう。

そんなこと言うと、先生になにも聞けなくなっちゃうかな。(笑
でもね
教えを乞うてきたと感じるときは、された方も真剣です。
そして、とてもうれしい。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>      

【2019/09/29 22:47】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |
台風が来るとか雨が降るとか。。。
こんな田舎までお越しいただくのに、お足元が悪いのではと
朝から気をもんでいましたが、幸いにも降らずにすみました。
三浦先生始めご参加の方々のお力です。
店主、最近、晴れ女に自信がなくて・・・

20名という大勢のご参加をいただき、茶室は目一杯。
「茶の裂を学ぶ」勉強会が無事に終わりました。
先生との打合せ、機材も持ち込んでいただき、あれもこれも・・・
すべてM氏のご尽力あっての開催でした。感謝!

スライドを使っての講義は スライドを見ながら
視覚にも訴えるので手に取るようにわかりやすく、
お話は小気味いいほど歯切れ良く、端的で、理解しやすい。
三浦先生は本当に素敵な先生でしたね。

貴重な茶の裂を 茶の裂の勉強会
たくさんお持ちいただいて、拝見することが出来ました。
実際に見ることが一番の学びになります。

初めての講演だったので、初心者向けの導入にあたる内容。
ストンと落ちて目が開く。
これからの茶の裂の見る目が変わったことと思います。

2時間の講義でこれですもの、もっとお話を伺いたくなる。
みなさん帰り際に目をキラキラさせて、ワクワクした興奮のままに
「またぜひ参加したい」とおっしゃる。
そうよね、興味深く魅力的な内容でしたもの。
知れば知るほど茶の湯が面白くなっていく。

店主もまた、ぜひにも継続してお願いしたいと思ってます。
いやぁ~楽しいなぁ、茶の湯って!


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>      

【2019/09/21 22:30】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



店主の葉摘み
鍵コメさま
ご遠方からのご参加をありがとうございます。
お声がけもままならず申し訳ないです。
気付きと納得のとてもいいお話でしたね。
またお声がけさせてくださいませ。

コメントを閉じる▲
今宵の月は立待月。
雲に隠れて待ちぼうけ。それでは
昨夜の十六夜の月をば。十六夜の月

まさに「秋月掲明輝」秋月揚明輝

夜空に月があるならば、こんな軸もいいと思う。
「雁の図」雁の図

秋花を添えて秋の花たち
糸芒・ホトトギス・秋海棠

ぼんやりと月が浮かぶ秋野の茶碗秋野月の茶碗
うさぎの蓋置うさぎの蓋置

「立待月」の次は「居待月」「寝待月」「更待月」と続く。
古人は心情を言の葉に表す。

明恵上人は感嘆を歌に表す。
 あかあかや あかあかあかや あかあかや 
 あかあかあかや あかあかや月


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>      

【2019/09/15 22:16】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |
厚い雲が夜空を覆っています。
今夜は中秋の名月です。
残念ながら明月を愛でることはかないませんが・・・
でもだいじょうぶ。
満月は明晩です。明日に期待いたしましょう!(十六夜だけど

とんとご無沙汰してしまいました。
台風が脅かされたり、その後の猛暑に打ちのめされたり、
台風より怖かった雷雨に怯えたり・・の天変地異の影響ではなく
自治会から敬老の日のプレゼントを頼まれたから。
弱小小売店にはありがたいお話なんですが、量がすごく多くて
でも貰うプレゼントは一人にひとつだから
少ない予算でも喜んでもらいたいとパッケージに凝ったので
手作業ばかりが膨大。昨夜やっと包み終えました。

そんなこんなで、残暑疲れで倒れてたわけでもないのに
「白露」も「重陽の節句」も吹っ飛ばしてしまった。
こんなにも風情ある季節になったのにね。

吹っ飛ばした「白露」について。秋明菊
秋も深まり草に白い露がみえる頃を言いますが
また、白は五行で秋をさしています。

春は東で、青で青春・青龍。夏は南で、赤で朱夏・朱雀。
秋は西で、白で白秋・白虎。冬は北で、黒で玄冬・玄武。
黄色はというと中心にあり黄龍、土の気で土用です。
一年はこうして回っていきます。

あっという間に一年が終わりそうな気がしてきた。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>      

【2019/09/13 22:30】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |
「秋雨前線の影響で・・」と天気予報が伝える。
田んぼには稲穂が目立ち、気の早いコスモスが咲き出した。
気温は30℃を下回り、汗は気持ちがいいほどに。

木々にヒグラシが「モーイイヨ、モーイイヨ」と言い募り、
早くなった日暮れに、夜鳴く虫がコロロコロロと歌う。

来ないのではと思った秋の気配が、とうとう訪れたようです。

茶会案内もあれこれ届き、いよいよ秋のシーズンが開幕のようです。
今年の鎌倉建長寺の四ッ頭茶会は、武者小路千家の当番なようで
久しぶりに行ってみようかと思ってます。
柳営茶会の茶券はすでにGet。
猛暑疲れなんて言ってられないけど・・・ 九月まではご容赦のほど。


九月にある「茶の裂地勉強会」、まだ少し余裕があります。
再度お声がけをさせてください。

  『茶の裂』 を学ぶ          
 茶碗や茶入に添う裂地は、道具の脇役としてありますが
しかしその存在によって格を引き立たせています。
何気なく扱う裂地にも、一定の約束事がある事をご存知でしょうか。

 三浦先生は数多くの修復、名物道具の仕立てを手掛けられます。
今回は知っておくべき裂地の基本をわかりやすくお話し頂きます。
何気なく手元にあるものほど実はよく知らない。
 ぜひこの機会に一緒に学び考えてみましょう。

  【 講師 】三浦和子先生 (袋師)
            著書「数寄の名脇役 茶の裂」(淡交社)
  【 日程 】9月21日(土) 一回講習
           14:00~16:00
  【 場所 】岡野園茶室にて
          さいたま市見沼区東大宮4-7-7
                 TEL・FAX 048-665-2100
  【 会費 】会費5,000円
先生の著書「茶の裂」(¥2600税別)三浦先生の本
目にすることが多いのに、点前でいつも使っているのに、
知らなかったことばかりで、たいへん興味深い本でした。
ご希望の方には同日販売もします。(サインもいただけます)

参加申し込みは、鍵コメかメール、お電話にて承ります。
新たな知らない世界を、一緒に学びましょう。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>      

【2019/08/22 22:00】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |