FC2ブログ
土曜日はお茶会に護国寺まで。
柳営茶会というだけあって、武家茶の家元が席を持たれます。

10月だというに、秋の空
なんとまぁ真夏日になりまして
季節からいうと袷だけれど、30℃と聞いたらご無体な。
いかにお茶とは言え、時候に合わせ、臨機応変であるべきだと思う。
思うなら実践して示そうと、堂々と単衣を着ていきました。

御宸翰が掛かるという濃茶席があり、待ちながらの数寄雑談。
同行の茶友は類友で、見るところ気になるところが同じだと楽しい。

「御宸翰なら奉書が敷いてあるはずだけど、大寄せだからねぇ」
こういう話が通じるところがうれしい。
果たして
沓脱石にはきちんと奉書が敷いてありました!

御宸翰の軸に平民じゃ相対できない。
好都合にも同行に神官の方がいるじゃないのと正客に押し出す。
恩恵を受けて我々も上の方に座って良い目を見ました。

とても美しい色紙でした。
八幅お持ちだそうで、そのうちの秋に因んだ歌を二幅。
さすが徳川様、御家流の家元である。
やたらの庶民が持ったらえらいことになる。

うまく席廻りがいかず (そこも類友。全員辛抱が無い)
その席だけで退散したけど、十分満足。

あの設えは、今上天皇への祝賀の席なんですね。
滅多に出会えない貴重な経験でした。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>     

【2019/10/08 22:59】 | お茶会のこと
トラックバック(0) |

ごしんかん
小紋
知識浅く 読みが わからず ごしんかんで よろしいでしょうか
わからなくて だいぶ あちこち 引きました。
わからんで終わらず 調べられる楽しみのある
記事なのです。今度 小倉城庭園に行ったら お茶をいただいてきます。

 


店主の葉摘み
小紋さま
お返事遅くなりました。
はい、ごしんかんと読みます。
お偉いですね~!
わからないことをわからないままにしない小紋さんを尊敬します。
この言葉、その意味を知らない方のほうが多いのではないかしら。
知らないって怖いことと思い、載せました。
いつも励ましをありがとうございます。

コメントを閉じる▲
いつまで続くんだ、猛暑。そして熱帯夜。
今夜も寝苦しそうです。
体調管理が大変でしょうが、ず~っと続くわけがない。
秋に向かってるんだと希望をもって、生きぬきましょうね。

昨日は張り切り過ぎましたが、あくまでも店主個人的な想い。
こんな調子だから茶会や茶事で「怖い・・」と言われちゃうのね。(汗

言い訳かもしれませんが、
一席一椀に全責任を持つ覚悟で水屋にいます。
なにがあるかわからないから、とっさの判断が必要になる。
周りに相談してたら対処が遅れる。
事前の指示があったとしても、事件は現場で起こってるんです。

指示に反したとしても、水屋方に嫌われても、結果がすべてです。
指示を守るいい子でいるより、客を満足させるほうを選ぶ。

社中の序列の中や同期同士では難しいのもよく分かる。
それが出来るのは、店主が外部の人間だからだろう。
しかし、個々の分担に個々が責任を負えば、うまく連動すると思う。

偉そうに言う店主だが、何遍やってもうまくいったためしがない。
一通りは文句を言うが、(これは己が未熟なゆえ)
人のせい、道具のせいとは思っていない。
自分の考慮が足りなかったと反省する。
失敗は決して忘れない。

こんなんアレンジしました。木賊とアレンジ


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>      

【2019/08/03 01:29】 | お茶会のこと
トラックバック(0) |


髭熊
堀内宗匠はお稽古の最中に何もおっしゃらなかったそうです。
反対に菅田宗匠は点前が違うと一言「違う」しかおっしゃらなかったそうです。

お二方に共通しているのは、全体を見通して、いま自分が何をしなければならないかを考えなさい、ということだと理解しています。

濃茶は茶事のメインイベント。こればっかりは茶碗の形とお湯の温度、お茶を掃く量が毎度違いますので、慣れるしかないですね。

茶会ではこの茶碗はこの人、のように点てる人を決めるとあらかじめ練習できていいのかもしれませんね。

管理人のみ閲覧できます
-



店主の葉摘み
鍵コメさま
お疲れさまでした。そしてありがとう!
はい。
またよろしくお願いします。

コメントを閉じる▲
今日は最高の暑さでした。
日中車で出かけたら、外気温が38℃を示す!(絶句
しばらくはこんな猛暑が続くとか。
日本ってこんな暑い国じゃなかったはずなんだけどなぁ。。。

8月1日は八朔ですが、新暦で行う行事じゃないわね。
愚痴を言っても現状は変わらないので・・・
これからの秋の茶会に向けて、思うことを書いていきます。

今なら言えるかな。濃茶席で感じたもろもろ。
ある茶会でダマがゴロゴロだったので、同碗の方が困惑気味。
その席は先生もお社中も親しいので、終わった後古参の方に
「ダマがあったから裏に教えたほうが・・」と進言。

客は言わずに帰るので、水屋は知らないままのことが多いし
同じことを繰り返さないためにと、余計なことを言いました。

後に社中の方数人から、あれやこれやとお話があったり
先生からも「どうしてもダマが出来る茶碗があったみたいで・・」と
  (ということは、その後もダマありが続いたんだな・・・)
お詫びをされて恐縮してしまう。

先生にこんな詫びを言わせるようじゃいけません。
だって先生は席中にいて、どうすることも出来ないのだから。

茶碗のせいにされては、茶碗が可哀そうです。
だって茶碗は、なんの努力も工夫も出来ないのだから。

工夫は、人がするもの。

どんなに名品茶道具だったとしても、
どんなに良いご接待があったとしても、
ダマがある濃茶を口にしたら、一番の記憶になりませんか?
だから水屋を任されると、茶会中は緊張するし、常に工夫し続ける。

抹茶を掃く人は、その日の湿度や気温を考慮し
練る人はひと椀に責任を持ち、ダマが出来たら出さない勇気をもつ。
お運びの人は、人様に出せる濃茶か出来上がりをチェック。
引いてきた人は、ダマが残っていないか必ず見て、あったら伝える。
洗う人も、清める前に茶碗に残ってないかチェック。

気付くチャンスは多々ある。
気が付いた人が練る方に必ず伝え、次の時に改善の工夫をする。
社中で遠慮する必要は全くない。
茶碗のせいにするような練り方だったら交代させればいい。
全ては口にするお客様のため。
責任を引き受ける先生のためなのだから。

金水引が咲きました。金水引


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>      

【2019/08/01 23:00】 | お茶会のこと
トラックバック(0) |
数日の寒さに咲き止まっていた桜。
今日は花見日和とか。9分咲きか
昨夜の雨に洗われて、九分咲き位かしら。
午前中は花冷えだったけど、桜は素晴らしいコンディションです。

父上も上機嫌で一服を楽しみ 今年の様子
教室の先生をはじめ、生徒さんたちが一丸となってのご接待です。

絶好の花見日和と歌われた日曜だったからか、参加は少なかったけど
庭を開放しての一服を、みなさん楽しんでくださいました。
来年は10回目になります。ということは10年か!
皆々元気で何事もなければ、必ず開催いたしますので
また桜の時期にお会いいたしましょうね。

こちらも恒例となりました義援おはぎ。
すぐ無くなってしまうので、今年は量を増やそうというお嬢2の提案に
朝5時起きいたしまして、作ったおはぎは166個。

小豆ともち米の高騰に、材料費を引いたらいくらも残らないので
一個150円となりましたが、皆さんのご厚志で完売いたしました。
『¥17,656』 
桃・柿育英会 東日本大震災遺児育英資金に送らせていただきます。
本当にありがとうございました。

桜花茶会のゆるキャラです。雅楽の衣姿の帯
あまり役には立ちませんが、看板代わりをしておりました。

あぁ・・・3月が去っていく。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>     

【2019/03/31 16:17】 | お茶会のこと
トラックバック(0) |
なぜに伊東までの遠征かというと・・・
聚光院伊東別院でのお茶会があったから。
数寄者の先生方のご縁から、千風会会主をなさってらっしゃる
鈴木宗鶴先生にお見知りいただき、案内をいただきました。

宗鶴先生は大徳寺聚光院にある「閑隠」写しの小間で濃茶席を。
先にお菓子をいただいた待合には雨龍の図が描かれています。
水の森図のある表千家「残月亭」写しで薄茶をいただきました。
方丈にあるかの有名な滝の図の連なる部屋で点心。
二階にあたる波の図の禅堂には天窓格子からの光が落ち、
まるで海中で静寂に包まれ波に揺られているような感覚になる。
その禅堂の障子を開けると、滝の図の描かれた三部屋が望め
壮大な三連の滝を天上から眺めているようでした。

千住画伯による襖絵をすべて拝見できるという贅沢な茶会です。

あまりに有名なので特には興味もなく、それなら見てみますか位の
不遜な気持ちでいたのですが・・・ おごりでした。
いたく感動してしまった!
息遣いを感じる筆のタッチ。水音や静寂まで描かれた襖絵は圧巻です。

普段は予約をしなくては拝観できないようですが、お茶会なら別。
大徳寺聚光院の現住職である虎洞師ともご挨拶でき
「やぁ、しばらくですね~」って、ホンマに覚えとるんかいな?! (笑
そんなこんなもありつつ
伊東まで日帰りの長旅をした甲斐がありました。

春の茶会シーズン開幕です!青文字の花


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>    

【2019/03/25 23:08】 | お茶会のこと
トラックバック(0) |