FC2ブログ
茶席で最初に顔を合わせる掛け軸ですが、
その短い語の中に込められた意味を自分なりに読み解いていく。
席中に込められた亭主の想い、今日のお茶の趣向や趣旨。
そこからお茶が始まっていく。

が・・・ その前に読めなければ始まらない。(笑
誰かに聞いたのでは、右の耳から入り左の耳から出ていく。
まず読めそうなところから頑張ってみる。

寄付きに 一朶香
こんな色紙が掛かっているとする。
“一”と“香”は読めますが、“朶”が難解です。
これは“だ”と読みます。 枝のことを“朶”

渓梅一朶香>けいばいいちだかんばし
春が訪れた渓谷に佇む梅、“渓梅”を絵に表すことで
香りが鮮明に漂うようですね。

これを序章として本席に入ると
こんな軸が。春入千林処々鶯
“春”と“入”は読める。
次は子と井にも見えるが、右下のはらいから林じゃないかと。
ならば子は千ではないかな・・となって“千林”と読む。
その下が分からん。 が、その次はちょんちょんで々ではないか。
一番下がまた難解。 當?
春・入・千林・・・ 寄付きの色紙が思い浮かぶ。
一番下は・・・ 梅といったら“鴬”だ!

春入千林処々鶯>はるはせんりんにいり しょしょにうぐいす
春の気配が林に満ちて、至る所で鴬が鳴いているよ。

諦めず、すぐ人に聞かず、自分なりに読めるところを探ってみる。
読めないところは飛ばしていい。
読めたところの関連から、なんという字か推察する。
そこで教えてもらう。
当たっていたらかなりうれしい!
脳裏にしっかり刻み込まれます。never give up!!


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>    

【2019/01/16 16:35】 | 掛軸のこと
トラックバック(0) |
鏡開きも終わって、徐々にお正月らしさも薄くなっていきます。
店頭の青竹飾りは小正月まで。
これを外せばまったくの通常営業気分となるから
あと数日のお正月。 寂しいような。。 落ち着くような。。。

初釜の翌日は、岡野園の茶道教室の初稽古でした。
毎年の軸を下げ 春入千林・・
普段よりちょっと良い道具を出しておきました。

初稽古の日は先生がお濃茶を立てられます。
うれしいことに店主も席中にお招きいただき、
先生のお点前所作を食い入るように拝見しました。

力の抜けた静かなお点前で、うっとりとあこがれます。
あんな点前が出来るようになりたいなぁ。。。
今年も精進あるのみです。


初釜の時に気になったこと。
濃茶の時、添えられた出帛紗をお正客が脇に置いたら
亭主が「どうぞお使いください」と勧められたのですが、
「いえ・・」とご自分の紫帛紗を使用なさいました。

碗を次に回したとき、次客はそのまま正客の帛紗を使用。
汚したらどうするんだろう、、と案じます。
実際に慣れない方が汚してしまった場面に遭遇したことがあります。
「いいんですよ」とおっしゃって、その場を納めました。
しかし茶友でもあったその方が、店主にこっそりと
「今日のための初おろしの帛紗だったのよ・・」と泣いてました。
どんなとこにも教訓はある。

いつもの癖で自分だったらと考えます。
お稽古の場以外では、勧められても辞退し、自分の帛紗を使う。
個々がそうすれば茶碗を戻すだけで済み、手間もリスクもない。

そんな事を思っていると次の椀が出ました。
今度も亭主は「お使いください」と勧めた。
いったんは辞退、再度勧められたら「それでは・・」と使っていた。

後で拝見したら、家元の好み帛紗でした。(汗 
そんな怖いことはしないのが得策。
やはり正客が使わないのなら、他も使わないほうがきれいだと思う。


亭主は自分の出帛紗だから、汚してもいいとの覚悟で出す。
客は良い茶碗には良い出帛紗を添えるだろうと推察し、外す。

互いに相手を尊重するところから、茶の湯の所作は生まれてくる。
それを外しては所作は成り立たないと思うのですが。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>    


【2019/01/12 21:52】 | 点前所作のこと
トラックバック(0) |


髭熊
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

濃茶の袱紗のこと、悩みますよね。
特に初釜ではその年の干支のものが使われていることが多いので、亭主が出した出袱紗はまず辞退するとして、次客以下はやはり正客の使い袱紗を拝借して使うべきでしょう。
袱紗のやり取りをしていると、どんどんお茶が冷めます。熱々のお茶をお出ししたのに、どんどん冷めていくのを見るのは、亭主の本望ではないはず。
今日の親先生の初釜でもちょうど同じようなことがあったので書込みさせていただきました。

考え方次第ですが、その場に応じた所作ができるといいですね。


店主の葉摘み
髭熊さま
こちらこそ、本年もよろしくお願い申し上げます。

コメ、ありがとうございます。
こういうご意見は本当にうれしい!
記事を読むだけでなく、そうなんだぁ~に聞くに留めるだけなく、
自分の考えに向き合い、伝えてくださるなんて!
そういうきっかけになればと、考えを述べているんですから。

答えは無いと思うのです。一人ひとりが自分だったらと考えてほしい。
こういう考え方もあると知り、幅を広げてほしい。
マニュアル化してしまうことを恐れています。
形骸化して、その人の茶境が見えないことが多々ある。

とっても嬉しい書き込みです。
顔を合わせてもろもろのお茶話をあれこれしたいですね。


髭熊
返信ありがとうございます。
ではついでに、親先生の初釜であった話をもう一つ。

親先生が「せっかくだからお勉強しましょう」とおっしゃって、お道具の箱の蓋(箱書)をたくさん席中にお持ち出しになってご説明くださいました。

正客が拝見に回してお詰めまで回ったとき、お詰めは一枚ずつ丁寧に並べて戻されたのですが、親先生が「自分の道具なんだから」とおっしゃってガサゴソと重ねて茶道口に戻されました。「だって自分の道具なんだから丁寧に扱ったらおかしいでしょ?」

私は「なるほど、それもそうだよね」と思いつつ、でもそれ、啐啄斎の書付なんですけど!!冷汗

ご無沙汰ばかりで申し訳ございません。近いうちにお店にも伺います!




店主の葉摘み
髭熊さま
度量のある先生ですねぇ~(笑
至る所に学びがあると思いますよね。
自分に置き換え、どうするだろうと考えることが茶の湯の厚みになってくる。
髭熊さんはいいお茶の視点を持ってらっしゃる。

そうですね、久しぶりに数寄雑談もしたいわ。

コメントを閉じる▲
今年最初の掛釜は桶川から。
寄付に集まったのはお弟子さん方と長野先生の二人のお姉さん。
そして正客に招かれた男性ゲスト。
となれば・・・ 例年のごとく店主は詰と理解します。

長野先生のお点前による濃茶。続いて祝膳。
中立の後、先生の息子さんの新さん点前と奥様の半東にてお薄。
内弟子の江田ともやさんはお運びをして、一家総出のおもてなし。
和気あいあいの初釜でした。

ゲストですから、こんな訪問着で伺いました。
梅枝に赤椿。裾模様
この柄行は1月と2月ですが、着る時期あれば迷わずに済む。
着物に季節がある時は軽くなりがちなので、
帯で格を出すように心がけています。
吉祥柄の袋帯で、初春を寿ぐ取り合わせといたしました。

いつもは地味に目立たずを心がける店主ですが、
初釜はお目出度い席ですから、華やかな訪問着を選ぶことが多いです。
着るものを決めるときにはTPO。
そして自分の立ち位置を測ることに気を使っています。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>   

【2019/01/11 21:52】 | 茶会の着物
トラックバック(0) |
初売りも盛況に(岡野園にしては)、終わりました。
ありがとうございます。

肩から一荷を下ろしたら、次のことが待っている。
新春の風物詩、初釜が始まるのです。

十日に桶川の長野先生宅の初釜にお呼ばれ。
着物を見繕わなくちゃ。
それよりも悩ましいのは、のし袋の表書き。
誰もが悩む表書き。上の欄に何と書くか・・・

会費制でなければ書き様もあります。
たとえば「新年御挨拶」とか「初釜御礼」とか。

会費制の場合が悩ましい。
社中なら先輩と同じにしたり、教室の通例に習えばいいけど
お招きの場合が困る。
受付があれば、白封筒に「御会費」と書いてお渡しもできますが
寄付きでそれぞれの場合が本当に困る。

金額が指定されているので「御礼」や「御祝」は変だし、
初釜に「御茶礼」は軽すぎる。
お目出度いお招きなので、会費制でも「御会費」は失礼な気がする。
毎年どう書こうかと考え尽す。

年頭初顔合せの場だから、「新年御挨拶」にしようかとも思ったけど
結局今年も「寿」と書いてしまいました。

赤侘助と鶯神楽 また来年も悩むんだろうなぁ。。。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>    

【2019/01/08 22:35】 | 茶の湯のマナー
トラックバック(0) |
キリキリと身に染む寒さです。
新春とは名ばかり、これからもっとしばれるんでしょうね。
冬生まれのくせに、寒いのが苦手な店主です。

あのまったりと過ごした正月休みがずいぶん昔のような。。。
仕事始めから忙しい。紅梅一輪
ありがたいことだけど、身体がなまってますね、疲れちゃう。
   (それを歳のせいとは絶対言わない)


今日から茶道具の初売りセールが始まりました。
八日までやっています。新年の茶花
目玉は廃業した帛紗屋さんからの処分品です。
凝った織のステキな古帛紗や出帛紗が大放出となっています。
明後日までですが、お待ち申しております。

そうそう、明日はほうじ茶の初焙煎もしております。
焙じたてのいい香りをたどっていけば、迷わず岡野園です。

新年のご挨拶をしたいと、店主が鶴首でお待ちしております。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>    

【2019/01/06 22:41】 | ひとり言
トラックバック(0) |