今日は七十二候「牡丹華」(ぼたんはなさく)
そんなこと言ったって、とっくに牡丹、終わってますから。
いまにも芍薬が咲きそうです。

季節の移ろいは、年々早くなっている気がしませんか?
毎日風が強く吹いて、季節をさらっていくようです。



明日から五月。 鯉のぼり
夏も近づく八十八夜。
オリンピックがあるから一日早い。 しかし気持ちが追いつかない。
初夏到来というに、一年で一番お茶屋が浮き立つ日というに
なんだか準備にモタモタしてる。
本日やっと新茶仕様にディスプレイを替えました。

早く来い来い、今年の新茶。茶の芽


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>         

【2016/04/30 22:17】 | ひとり言
トラックバック(0) |
世の中はGWとな。
そんなのは生まれたときから縁がない・・ のです。

本日は親しくお付き合い下さる先生が茶席を持たれるので
氷川の杜文化館へ行ってきました。
今頃の氷川の杜は、竹林がさぞかし美しいだろうと思いまして
そこからイメージしたチョイス。竹林をイメージして
春の定例茶会なので、重くもなく、軽くもなく。

一席は炉で有楽流、二席目は風炉を使い大日本茶道学会で
過渡期のとても楽しい設えでした。
珍しいお流儀と楽しめる茶席で、いらした方は幸せでしたね。


炉の席では、思いもかけずの行松旭松堂さんの主菓子に出会い
うれしい驚きです。
ご紹介してから大変気に入られ (ゆきまつさんのお人柄も含めて)
「これからもず~っとお願いするつもりです。」とおっしゃってました。
うれしいですねぇ。
「行く春」 行く春
目に美しく、口に美味しく、姿は柔らかく、席中でも大変好評でした。
やはり口にするものは大事ですね。
お抹茶は岡野園扱いの「蒼雲」を使って頂きました。


清々しい竹林のなか、短いながらも気持ちの良い遊歩道があります。
めぐりながらの帰り道。氷川の杜文化館
向うに見えるのが氷川の杜文化館です。
竹の子がにょきにょき。竹庭
帯のすずめも喜んで、ちゅんちゅんと鳴きだしそうな・・・


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>          

【2016/04/29 22:59】 | お茶会のこと
トラックバック(0) |

光栄です。
ゆきまつ
召し上がっていただき光栄です。
いつもたくさんのご縁をいただき、心より感謝申し上げます。
またお会いしたいです。

コメントを閉じる▲
つつじ山は満開となり、明るい紅に染まっています。
傍にあるサツキさん さつき
私もいるわよ、と咲きはじめました。
ご近所さんの白藤も満開です。白藤
ものみな、光輝満ちる頃となりましたね。


茶事勉強会の一期生は、うれし過ぎるくらい立派に育ち、
ちょっと頑張る身の丈の茶事を、気負いなく楽しんでいます。

「いつ茶事勉強会を開くのですか?」とプッシュされる。
意欲的な方々に背中を押され、この度二期生を募集いたします。


   平成28年度 実践的・茶事勉強会   

「茶の湯の集大成は“茶事”にある。そのためのお稽古をしている。」
茶道を習う者なら一度は聞いたことがあるでしょう。
しかし、“そのため”を実感した事はありますか?
作法が難しい、訳が分からない、とか感じる方は多いと思います。
お稽古場の茶事はマナーやルールを習う場なので仕方がないのです。

茶事の一番の醍醐味とは“一期一会”の実践にあります。

何がそんなに楽しいのか・・・
それは実際にお客様を招くことで分かっていきます。
茶席での作法以外の部分を、亭主側から一緒に学び合いましょう。

  ○開催: 5月28日(土)・7月16日(土)・8月20日(土) 
        9月17日(土)・10月15日(土)  計5回 13:00~15:00    
  ○会費: ¥20,000円 (教材込み)*初回に集金します
  ○定員: 6~8名 流儀・茶歴は問いません 
  ○会場: 岡野園 茶室および店内にて

  ○内容: ① 5/28 お招き:趣旨 グループ決め お招きの手紙
        ② 7/16 内周り:設えの準備 裏方の仕事 当日の動き
        ③ 8/20 懐石 :メニュー決め 料理の手順 当日の動き
        ④ 9/17 外周り:露地の準備 待合の準備 当日の働き
        ⑤ 10/15火周り:濡れ釜 下火 火入れ ご飯焚き
   * 初年度勉強会終了後、拙茶事にお招きいたします。
   * 29年度からは、本格的茶事を行う実習形式です。

店主と二年間お付き合いください。
いつものように、鍵コメ、メール、お電話でも受け付けます。
茶の湯が好きで、柔軟に学ぶ覚悟がある方を募集いたします。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>           

【2016/04/27 21:43】 | お茶事のこと
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-



店主の葉摘み
鍵コメさま
後ほどメールをさせていただきます。


店主の葉摘み
鍵コメ2さま
後ほどメールをさせていただきます。

コメントを閉じる▲
お嬢2の呼ぶ声に、玄関を出てビックリした。
半夏が咲いてる!半夏咲く
ちょっとちょっと~、早くないですか!
あぁ・・、でも今日の気温じゃむりないかな?
公園に遊ぶ子供達は、みんな半袖姿だもの。

急な暖かさ、というか暑さに戸惑いを覚えます。

風炉が近づくと、それを待つように草花が咲き始める。
木花と違ってよ~く見ないと見過ごしちゃう。
つつじの陰にはホウチャクソウ ホウチャクソウ

あら~・・ もう咲いちゃったの!
スズランに すずらん
たますだれ たますだれ
その傍にある丁子草も今にも咲き出しそうです。

そんなにせかすなら仕方がない。
畳を入れ替えましょう。風炉仕様
炉畳から丸畳、たった一畳替えるだけだけど、気分が一新いたします。

風炉の灰形を整えて、炭点前の道具を代えてましょう。
さぁ、天気を見計らい、炭も洗わなくっちゃね。
半年間お世話になりますから。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>           

【2016/04/26 22:17】 | 炉・風炉・釜・灰のこと
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



店主の葉摘み
鍵コメさま
わぉ~!それはステキだ!
うれしいお仲間が増えますぅ~!

ご要望に応えられますようガンバリます。

コメントを閉じる▲
昨日、今日と灰形講習会が開かれました。

一番遠くは秋田から、泊りがけの二日間。
その他にも、栃木や茨城、福島、神奈川などなどご遠方から。
ブログからたくさんお越しくださったので、まるでオフ会のようでした。
お会い出来、とてもうれしかったです。ありがとうございました。


二日目の今日は一日灰と向き合う日。
まずは先生のお手本から。灰形講習会にて
みなさん、食い入るように先生の手元を見つめます。
先生の手は魔法の手。  灰匙も灰も意のままに。

さぁ、やってみましょう。
真剣!真剣です 息をつめて向き合います。
山本先生は優しく励ましながら、根気よく指導し回ってくださいます。
アドバイスをもらうとよくわかる。 個別講習
しかし・・・ 灰の道は一日にしてならず。
しかぁ~し・・・ 千里の道も一歩から。 なのです。

二日間、講習を受けた方の灰形です。お上手!
要点を丁寧に教えてもらい、とっても上手になりましたね。ビックリ!

「あっという間だった!」 集中して頑張ったんですね!
「とっても楽しかった!」 店主もすごく楽しかったよ。
来年も来ますと言い残し、ニコニコと帰られました。

茶の湯は、下を向いて茶筅を振る点前畳一畳がすべてではありません。
そこに座り、顔を上げると、広大な茶の世界が広がっています。
それを見つけてほしい。歩みを広げてほしい。
その一歩になれば・・と、これからもいろいろ発信していきますので
一緒に楽しみ、自分自身の茶の世界を探していきましょうね。

本日の昼食。今日の昼食 仕出し屋「葉摘み亭」製。 
おすすめは、新潟・松代の山から届いた山菜の天ぷら。
美味しいと言って下さってありがとう!
みなさんにパワーをもらった店主は、すっかり元気になりました。
来年も作っちゃうからね。またお会いしましょう。



あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>          

【2016/04/24 21:50】 | 炉・風炉・釜・灰のこと
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



店主の葉摘み
鍵コメさま
ご参加をありがとうございます。
そうそう、薄紙を重ねるごとく、です。
段ボールを重ねると簡単に崩れるけど、薄紙を重ねたものはしぶといですよ。

みなさんのご要望がある限り、先生をお招きできます。
来年もお待ちしてますね。


コメントを閉じる▲